prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ひょうたんの加工 ーその2ー 果肉の取り出し
    0
       第一回の収穫後に果肉を取り出すための作業をしました。
      ドリルで穴あけして水漬けし2週間が経ったので、今日、水槽から取り出しました。

      下の写真は水槽(ゴミ入れ)の蓋を取り外したところです。何ともいえない悪臭がしてきます。
      押さえの落としぶたが見えています。



      落としぶたを取りました。



      ひょうたんを入れていた袋を取り出し、たらいに水を張り、井戸水を出しっぱなしにして
      ひょうたんを入れていた袋からひょうたんを投げ込みました。
      各種ひょうたんが見えています。



      一部のクローズアップです。
      ひょうたんの一番外側にある薄皮がはげかかっています。
      この薄皮をひょうたんをくるんでいた網袋でひょうたん一個一個取り出し、
      ごしごしとこすると、簡単に剥がれてきます。



      ひょうたんを写真のように持ち、上下に激しく振ると、内部の果肉(どろどろになって液状になっている)が出てきます。
      内部の種子がどろどろになっている果肉と共に少しずつ出てきます。
      写真のように「ふるい」を下に置き、その上でこの作業をすると、種子が取り出せるのです。

      形の良いひょうたん、大型ひょうたん、中型ひょうたん、ミニひょうたんなどを分けて集めます。
      熟成が完全でないひょうたんは、この作業でつぶれてしまいます。今日の作業では数個発生しました。ほとんどが、豆ひょうたんでした。豆ひょうたんは小さいだけに熟成が出来にくいのですね。




      こうして果肉を取り出したひょたんを写真のように乾燥させるのです。
      大型の鉢に土を入れて、ビニール被膜をされた針金、(100円均一で売っている)を
      突き刺し、その先にひょうたんを差し込んでいます。

      こうすると、内部に残っている水が針金を伝って排出され、乾燥が早くなります。
      ですから、完全に上の作業で完全に排出させることも必要ありません。
      また、種子もかなり残っていても一向にかまいません。



      この状態で数日乾燥させますと。白木ひょうたんのできあがりになります。

      | mannenyama | ひょうたん | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ひょうたんの加工 ーその1ー
      0
         今期始めてのひょうたんの収穫をしました。
        収穫後、即、加工作業に入りました。
        今回は果肉を取り出すための準備作業です。 収穫後即行いましたが、
        これは昨年、収穫して長く置きすぎてシミが発生してしまった苦い経験の反省からです。
        ここまで急ぐことはないのですが、久しぶりの好天だったので、ついでに・・。

        以下は、その作業手順です。

        軸を剪定ハサミでカット



        ドリルで穴あけをする、木工用のキリがベスト。鉄工用はキリ口がきれいにならない。



        割り箸を奥まで差込、果肉をかき回す。これは腐敗を早めるためです。
        これはしなくてもよいでしょう。



        第1回目の収穫したひょうたんの作業が終わったので、いくつかに分けて網袋に入れました。
        ほとんどが中型ひょうたんで20個余りになります。
        袋に詰めないでバラバラにすると、個々のひょうたんが、好きに浮き上がり始末におけなくなるのです。



        大型のゴミ箱に袋に入れたひょうたんを入れて、水を入れる。
        水道水は消毒をしているので、腐敗菌がなかなか発生しないので、泥水を若干入れると良いでしょう。私は井戸水を使っていますので、水だけです。



        押さえの板を植に載せています。ゴミ入れの内径より少し小さいのが良いのですが、
        ちょっと小さすぎるかな。



        押さえの木を押し込み、蓋をします。これでひょうたんは完全に水没することになります。
        気温がまだ30℃近くありますので、2週間ぐらいでひょうたんの内部が腐敗するでしょう。
        蓋を開けるのは2週間後22日としましょう。




        | mannenyama | ひょうたん | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ひょうたん近く収穫
        0
           連日35℃を超える炎熱が続いています。
          水遣りが大変で、毎日1時間近くかかっています。
          でも、ひょうたんの熟成が進み、早いものは近く収穫ができそうです。
          毎年心配な台風も全く音がないので、水遣りぐらいは辛抱しなくちゃ・・・。

          ひょうたんとは別に、ブル−ベリーの鉢の植え替えも毎日10鉢ほどやっていますので、
          なにしろ200鉢近くあり、そのうち30cm以上の鉢が三分の一ありますので、もう大変です。
          でも、あと2日で植え替え完了するまでになりました。

          ひょうたんの成熟状況を撮影したので、下に掲載します。
          ひょうたんの表皮が白っぽくなって、硬くなってきています。木質化しているのでしょう。

          軸はまだ緑色をしていて、まだ養分をもらっているようです。
          この軸がかれてきて、茶色っぽくなってきたら収穫です。








          | mannenyama | ひょうたん | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ひょうたん成熟中
          0
             ひょうたんの開花k・結実期がお終わり、成熟期に入りました。
            本日、8月10日の生育状態を撮影しましたの、代表的なひょうたんを掲載します。

            朝日を浴びて輝くミニひょうたんです。
            体調10cm前後になっています。これ以上は大きくはなりません。果肉と種子が熟成されています。



            中型ひょうたんです。体長は15cm前後になっています。
            体重が増えて重くなってきたので、網をかぶせて棚に結んでいます。
            重量をこれで支えているのです。同時に虫よけにもなります。



            つる首ひょうたんです。
            体長30cm近くにもなっています。
            重量を支えるために編み袋を被せて、うえから釣っています。



            大ひょうたんです。
            30cm以上で、体重は2kgを越しています。
            編み袋でも支えきれないので、ビニール紐を巻きつけて上から釣っています。
            この大ひょうたんは、一株に一個だけならしています。
            この株では他に開花・結実しても養分が回らず、大きくはなりません。
            で、結実してもしだいにしぼんで、枯れていきます。養分をそちらに回しているのでしょう。
            てきとうな時期に切除し、1個だけにしています。



            (全て8月10日、午前7時撮影)
            | mannenyama | ひょうたん | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ひょうたんが日増しに大きくなっています
            0
               ファーム万年山で栽培しているひょうたんが日増しに大きくなっています。
              未だに開花・結実しているのも見られますが、
              早い物は6,7割の大きさになり、目で見ても日ごとに大きくなっているのが分かります。
              7月29日、記念写真を撮りましたので、そのうちの何枚かを掲載します。

              すでに30cm近くになった大ひょうたん候補です。
              いい形をしています。産毛見えているのはまだ成長している証拠です。



              胴長の大ひょうたん候補、30cmを超しています。外形はほぼ完成しています。
              重さはまだ大したことはないのですが、これから中味が充実してくると重くなってきます。
              重さを支える必要が出てきます、



              鶴首ひょうたん候補です。20cm余り。




              中秦ひょうたん候補です。20cm近くになっています。
              良い形をしています。完成に近付いています。



              ミニひょうたん候補です。10cm余りになっています。
              ミニとしては、これでほぼ完成、果肉の充実が始まります。



              常時にひょうたんはそれぞれ株が異なっています、
              大ひょうたん、鶴首、胴長、中型(百成り)、ミニ(千成り)と5種類のひょうたん株からの撮影でした。

              | mannenyama | ひょうたん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ひょうたんが大きくなりました
              0
                 園(ファーム万年山)で一番早く結実したひょうたんがだいぶん大きくなりました。
                で、記念に写真をとりました。
                身長は約7cmぐらい、いい形をしています。これは千成りひょうたんでしょうね。
                後ろにも1個写っています。今のところこの2個が園のトップランナーです。


                | mannenyama | ひょうたん | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ひょうたん開花
                0
                   ひょうたんが棚までに達してたので、摘心して二つの主幹に育てていました。
                  棚の上をそれぞれに主幹がどんどん成長しているのですが、
                  花が咲き、受粉・結実しています。

                  下の写真は雄花です。



                  下の写真は雌花です。雌花の根元には既にひょうたんの形をした幼果が見られます。
                  これから、雌花か雄花かが見分けられます。
                  雌花が雄花より1日ほど先に咲きます。写真の雌花は既に受粉が済み、花びらが閉じかかっているところです。

                  受粉は夜中に蛾が活躍して、受粉作業をしてくれます。
                  人間が朝方に受粉作業をしてやることもあります。



                  花びらが落ちて、ひょうたんの赤ちゃんが立派に誕生しました。
                  産毛がとってもかわいいですね形も立派なひょうたんで〜す。



                  (7月13日撮影)
                  | mannenyama | ひょうたん | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ひょうたんのポット苗が病気に
                  0


                     せっかく育っていたひょうたんのポット苗の葉っぱに斑点が出ているなと思っていたら、
                    見る見る拡がってしまいました。
                    何かの最近に感染して病気になってしまったようです。



                    下は、ひどい状態のポットです。葉が斑点だけでなく黄色く枯れかかっています。
                    葉茎が腐っているのもありました。株全体が瀕死の状態です。




                    ホームセンターへ行って、殺菌剤を探してかってきました。
                    下の写真のベンレート水和剤、これが効くかどうかわかりませんが、とにかく噴霧器に溶かして散布しました。



                    手当が遅すぎたので、もとの青々とした苗に復帰するのは無理ではないかと思います。
                    2,3日して再度消毒しようとおもいます。
                    | mannenyama | ひょうたん | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ひょうたん育苗
                    0
                       ポットに移植したひょうたんのそのごです。
                      この1週間程度寒い日が続いていて、あまり成長していません。
                      とくに、発芽システムで発芽させたひょうたんは、ストップ気味です。

                      でも、本葉がしっかりと伸び、茎も太くしっかりとしてきました。
                      かえrって良いかも知れません。



                      こちらは、発芽システムを使わずに直接播いて、暖房もしないで発芽したひょうたんです。
                      発芽自体はとても遅かったのですが、発芽した後は決行元気に育っています。
                      言外は双葉だけです。
                      競り合ってきましたので、そろそろポットに移植するつもりです。


                      | mannenyama | ひょうたん | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      ひょうたんのポット植え換え
                      0
                         ひょうたん発芽システムで、ひょうたんの種子が連日発芽しています。
                        双葉が2cmぐらいになったら、ここから堀出しビニールポットに植え替えるのです。
                        発芽が早いのや遅いのや、ひょうたんの種子にすごく個性があるのでしょう。
                        環境はすべて同じのはずですから。




                         このところ、気温が高かったり、低かったりで安定しないので、
                        ポットに移されたひょうたんも面食らっているでしょう。

                         写真の向こう側が、早く掘り出したもので、手前ほど新しいので小さいのがわかります。
                        写真のようにパイプのトンネルフレームをつくり、夜や、雨の日などは
                        ビニールかけをしています。
                        ポット内で根付いてはいるようですが、本葉は早いものは小さいのが見られます。

                        | mannenyama | ひょうたん | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                        一番上へ