prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    無線機をオークションで購入
    0
        アマチュア無線局の申請に当たって、どんな無線機にするか、周波数や電波形式にするか検討しました。30年前に閉局する際に使用していた無線機は3台あったので、そのうちの2台はそのまま使えそうでした。

       新たに無線機を購入しようとネットでいろいろ調べ、オークションで3台購入することが出来ました。
      その1,軽自動車のキャンピングカーに搭載することを考えて、HF/VHF帯の小型のオールモードトランシーバーを探していたのですが、iCOMのIC-7000がオークションで出ていたのを、落札しました。



      その2,ホーム固定用のメインの無線機として、しっかりした使いやすい無線機を探していました。
      YAESUのFT-980がオークションで出ていたので、これをゲット。20年以上前の製品だそうですが、今でも根強い人気があり、感度・音質など申し分なく、現在売られている何十万もする無線機と変わらないくらいで、当時のYAESUの技術陣の総決算との評価?が買いの決め手になりました。



      その3,車で走行中にコンタクトするためのトランシバーを探しました。
      走行中に操作するために、使い良さを最優先し、パワーもそこそこ必要だし、144M&435ディユアルバンドFMオンリーでOKと言うことでネットで探していました。うまい具合にオークションに出ていたのをゲットしました。YAESU FT-2700R です。144M&435M、FMで25Wの無線機です。目的に十分叶ったマシンをゲット出来ました。



      以上の3台を新たに購入でき、これを元に無線局の申請書を出したのでした。
      購入したのは昨年10月から11月にかけて、毎日のようにヤフーオークションにアクセスして、物色をしていました。その努力の甲斐があって、満足できるシステムが出来たと思っています。

      全部新品で発売当時の価格ですと50万円近くになると思いますが、
      AC電源、SWR計、パワーメーター、アンテナチューナー等を含めて20万円以下でそろえることが出来ました。ネットのおかげです。

      | mannenyama | アマチュア無線 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      無線局免許状が届きました
      0
         待ちに待った無線局の免許状が届きました。

        記載事項不備で2度、修正を求められたので、3度目の正直です。
        最初に提出したのが11月、まる2ケ月を要しました。
        コールサインも旧のコールサインJA5ITが認められ、晴れて電波を出すことが出来るようになりました。

         

         

        1/30付けの発行です。それから2日で到着しています。
        意外と早い。

        TSSから、書類が完備したので、所轄の総合通信局に送付したとの連絡が1/18日付けで送られてきて、1ヶ月程度で免許が降りるとのことでした。

        それから、10日あまりで免許が降りてきたわけで、意外と早かった。
        TSSへの信頼があるのでしょう。だから、TSSとしては審査に厳格なのもうなずけます。
         
        早速、百均ショップで額縁を物色しました。
        ちょうどうまい具合に無線局と、従事者の免許が並んで入る大きさのものがあったので、
        これにいれてシャックに掲示することに、
        | mannenyama | アマチュア無線 | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        モールス信号受信の上達状況
        0
            モールス信号を頭の中で単語としてイメージにする練習を始めて1週間近くになります。
          まじめに練習しているお陰で、60文字/分で95%程度の認識が出来るようになりました。
          70文字/分でも90%ぐらい、80文字/分では80%ぐらいでしょうか。
          試しに100文字/分にしてもかなり70%ぐらいとれるようです。
          目標は100文字/分で90%以上です。

          紙に記録して、照合しているわけではないので、「だいたいの感じです」。
          80文字/分で練習していて、60時/分で受けてみると、
          初めはなんと遅いのだろうとなめてかかるものですが、数分すると、その速度になれてきてしまい
          取りこぼしをするようになるのです。なれって恐ろしいものです。

          どの速度でも、集中力がとぎれると、いけません。
          ベッドに入って、目をつぶり、イヤホンでを耳に挿し、集中すると、すごく認識があがります。
          でも、5分もすると、集中が続かなくなり、取りこぼしが始まります。
          そして、眠くなってくるのです。

          この方法で、よく眠れるようになってきました。
          これも、モールスの功罪でしょうか?。

           
          | mannenyama | アマチュア無線 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          モールスの受信練習で思うこと
          0
              モールスの練習を始めて10日あまりが過ぎました。
            毎日10分ぐらいを3回、30分前後を練習時間にさいています。
            例のアップルもどきの装置を使って練習しています。

            紙と鉛筆はほとんど使わず、信号を聞いてアルファベットを一文字一文字イメージしていましたが、
            最近、単語(言葉)をイメージするよう練習を始めました。
            一つ一つ文字をイメージするよりもこの方が難しく、イメージしている内に次の信号がきて、初めはどんどん抜けてしまいます。
            でも、2,3日すると少しなれてきて、ところどころ単語がイメージ出来るようになってきました。

            単語(言葉)を直接イメージできるようになると、難しさを超えてすごく便利なように思います。
            モールス信号を聞いて、単語だけでなく文章がイメージできるようになると、
            これは、立派な言葉(言語)となる可能性が出てきます。
            まだまだそこまでには出来ないですが・・・・。

            達人になると言うことは、、そういうことなんでしょうネ、きっと。
            そこに達するように頑張るつもりです。

            この訓練は、ボケ防止、脳トレにすごくいいのではないでしょうか?。
            そんな気がしています。


            | mannenyama | アマチュア無線 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            アマチュア無線機発展の、だいたいの沿革。
            0
                お正月、コタツに入ってテレビを見ながら、ネットサーフィンをしていたら、
              表題のようなタイトルのブログの記事が目に留まりました。
              共感することしきりですので、ご紹介します。プログアドレスは
              以下はそこからのデッドコピーです。
              30年も携わっていなかった私にとっては今のマシンは浦島太郎。
              SFの世界のようで、すごいですねェ〜。

              --------------------------------
               いまアマチュア無線を始めよう・再開しようとしている人にとって、知っておいて損はないのが、HF無線機の歴史。というか、アマチュア無線機発展の、だいたいの沿革。

              独断と偏見でまとめると、だいたいこんな感じです。あくまで「だいたい」です。


              ●1970年以前
               オール真空管機全盛
               ○ビンテージ度5の世界です。実戦使用には、スキルが必要。逆に言えば、いじって楽しむならこの世代が一番で、オンエアしているだけで腕自慢(笑)
                代表機種FT-400S, TS-510, etc...


              ●1970年代
               真空管・トランジスタ混合方式(ハイブリッド型)全盛
              次第に周波数表示がデジタル化
               ○ビンテージ度4。回路もまだ簡素で、レストアも楽しめます。
                あまり苦もなく実戦使用できる限界世代
                代表機種FT-101, TS-520/530, 820/830...

              ●1980年代
               オールトランジスタ方式登場
               受信ジェネカバ化
               周波数管理(VFO)のデジタル化・・・これにより周波数が極度に安定化
               ○ビンテージ度3。初心者がリグの中をいろいろいじる限界世代です。
               ○この世代のリグは、完全に実用レベルです。多くのハムは、この世代のリグをまだまだ現用中で、ぜんぜん古さを感じさせない・・・かな(笑)?
               ○難しいとされた電力増幅が半導体化されました。時を置かずしてアンテナ・チューナを搭載(AT)。送信の際の調整が不要になりました。八重洲、ケンウッドの間隙を縫ってアイコムが躍進。
                代表機種・・・TS-930/940, FT-980. FT-ONE, IC-741/750A, etc...

              ●1990年代
               変調のデジタル化(DSP)
               半導体部品のチップ化進む・・・個人修理が難しくなった
               ○主要実戦投入世代。最前線で戦っている世代です。
               ○ビンテージ度2。このあたりからは、逆に新しい技術満載過ぎて、よほどの上級者でないと、リグの中に手を入れるのはもう困難。

              ●2000年代
               手を変え品を変え新型が発表されるも、画期的な進歩はとくになし。
               ○ということは、この世代の使用者は、最新機種でないと我慢できないという少数派。 
               ○リグとコンピュータとの接続が進んでいますが、それは主として外部インターフェースを置くことで行われています。
               ◯ビンテージ度ぜろ〜1 新型を買った資金力を自慢することは可能(笑)。

              ●2010年代予測
               コンピュータとリグとの融合が確実に進む。SDRはその前ぶれ。
                無線機は近くPCの周辺機器としての扱いになり、ゲームソフトならぬゲーム・ハードとなる。数年以内に週刊ASCIIで特集が組まれる。ジェネレータとい う言葉はアルゴリズムという言葉に置き換わり、死語となるw。あわせて、最初からPC・HAMの両方に精通する新しい世代が生まれる。と勝手な予測。

              無 線機の歴史をこう見る私の目には、わざわざ最新型を買わなくても、10年落ち、場合によっては20年落ちの中古で、じゅうぶん『最新型』に見え、そういう 選択のほうが賢いのではないかと思えるわけです。最新の低グレード機より、中古のハイグレード機のほうが、品質が上だし、使っていてきっと楽しい。そう思 えます。

              また仮に、自分であれこれいじって楽しみたいのなら、最新型なんてものは絶対に買ってはいけません。チップ部品の多用化が進ん で、もうわけがわかりません。ビンテージ度でせめて「3」以前のものを選びたい。実際のQSOの中では、こういった話に花が咲くことも多く、いきなり最新 型をど〜んと構えてオンエアしても、話題がぜんぜん合わない、ということにもなりかねません。それが悪いわけではありませんが、今後のアマチュア無線で は、ポリシーを持つことが大切になりそうです。どういうスタイルでアマチュア無線を楽しんでいるか、が重要。

              ましかし、いずれにせよ、個人の好み。
              最新型でDXを追うもよし。古い無線機の、真空管の灯りを見つめながら、ぼんやりワッチするもよし。アマチュア無線の世界はどんどんふくらんでいます。



              | mannenyama | アマチュア無線 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              免許申請、書類不備の指摘
              0
                 TSS株式会社保証事業部から封書が届いたので、すわ無線局の免許状が来たのかと喜び勇んで開封すると、
                工事設計書の不備を指摘するものでした。がっくり・・・。

                 内容に不明な点があるので、電話で確認しようとしても年末休業でつながりません。正月明けの4日まで待つことにして、それまで書類不備の内容を十分検討しようと思います。
                | mannenyama | アマチュア無線 | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                モールスの練習題材
                0
                    モールスの練習に毎日励んでますが、英文のTEXTが無味乾燥ではおもしろくないので、
                  毎日くる英文メール(私にとっては迷惑メール)を使うことを思いつきました。

                  これには毎日くるので事欠きません。
                  今までは、タイトルを見たら即ゴミ箱行きだったんですが、意外に利用法があるもんですネ。
                  たとえば、今日カンボジアから来たメール(一部下記)。
                  これを素材にして A1A Breaker のテキストにコピペではりつけて信号を発生、録音をしました。
                  これを聞いて訓練に励みます。

                  Good Day,

                  I hope that this email finds you in good health?
                  I have read your profile and find it safe in dealing with you,
                  i need your assistance to secure fund and invest in your care
                  as partnership.

                  Before I explain further on how we are going to actualize this,
                  let me first introduce myself to you.
                  I am Sei Namae  a Cambodian living in Phnom Penh.
                  I am 47 years old also married to a Cambodian with two children.
                  I presently work as a banker here in Cambodia.

                  とまだまだ続きます。
                  個人情報がある部分、名前は変えています。
                  英文として文法的に正しいのかどうか私には判断できませんが、無意味な英文よりも、
                  聞いていて英語の勉強にもなって面白いです。
                  | mannenyama | アマチュア無線 | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  モールス受信練習法
                  0
                      受信練習ソフト 「A1A Breaker」 を使って毎日15分程度練習していました。

                    1分間60文字ぐらいでの練習なんですが、はじめは半分ちかくしかとれなかったんですす。

                    一つつまると、アレー!今のはなんだっけと考え込んでしまい。そのあいだにどんどん抜けてしまいます。

                     つまったら、その信号は即とばして、次に備えることがいいのでしょうが、なかなかそれができないのです。スピードを落とすと、考え込んでも間に合うので、ついついそうしてしまうのです。

                    だから、スピードを落として練習すのは良くないように思います。


                     パソコンと A1A Breakerを使っての訓練は、場所と時間が限られてしまうので、

                    一度、ICレコーダーに録音して、いつでもどこでも受信練習ができるようにしました。

                    ー 写真は後日にー ..UPしました・・12/30



                     3年ほど前に買ったアップルの製品を真似たもので、2千円程度だったと思いますが、

                    しばらく使わずに引き出しにしまっていたのですが、ふと思い出して使ってみることにしました。

                    50文字と60文字/分と70文字/分の3種類で録音してみました。

                    A1A Breakerで信号をだして録音、再生してみると結構使えるので、 これをつかって、朝・昼・寝るときベッドのなかで10分程度聞いていました。


                     パソコンで直接聞いていた時は、紙と鉛筆を持ち、聞きながら筆記していたのですが、

                    録音したのを聞くようになると、机の上ではないので、頭の中で文字をイメージとして思い浮かべるようにしました。

                    はじめはなかなかうまくいかなかったのでうが、少しづつ出来るようになりました。

                    英単語でよく出てくる the ー ・・・・ ・ とか、and ・ー ー・ ー・・ とかはひとつの文字でなくて、単語全体のルズムで覚えることが実践で生きてくるように思いますので、大変有効なように思います。

                     訓練1週間で60文字/分で、8割程度聞き取れるようになりました。70文字/分でも6割程度、50文字/分では遅すぎてかったるい感じがして、この速度の練習はやめです。

                    そろそろ、80字/分の練習に入ろうかなと思っています。少々文字を飛ばしてもリズム感を養っていくのがよいように思えています。

                    | mannenyama | アマチュア無線 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    30何年かぶりのモールス
                    0
                       無線局の免許がいつ来るかわからないが、来るまでのあいだに無線機の整備やアンテナの整備、そしてCW(モールス)通信ができるように勉強しておこう。

                       30数年の間、全く使ったことも聞いたこともなかったので、すっかり忘れてしまっているかと心配しましたが、意外と覚えていました。さすが和文は半分近く忘れていましたが、欧文はすぐに思い出しました。

                       でも、通信ができる状態ではありません。Aは・− Bはー・・・ と言えるていどでした。
                      実際にモールス信号を聞くと、時々にアッこれはなんだったんかな等と考えたりしなければならないこともあって 1分間2、30文字程度、これでは実用にならない・・・。

                      一念発起、モールスの練習に取り組むことにしました。
                      ネットで 「モールス練習」 をキーワードに検索するといっぱい!。
                      「モールス練習、フリーソフト」 でもたくさんひっとしました。
                      「Vector」 で モールス練習プログラムを探すと、10個ほどありました。

                      そのうちにフリーソフトをいくつは選んでダウンロード。
                      実際にパソコンにインストールして 実行し、自分に合うのを探しました。


                      こうして選んだのが
                      A1A Breaker です。数ある練習ソフトの中で私の一押しのソフトです。



                       起動すると、大きくテキストを表示する画面があり、ここに文字を入力し、開始ボタンを押すと、二時がモールス信号に変わりパソコンからサウンド音が出ます。

                      音の周波数、速度、音質は自由に変えることができるのです。
                        さらに、練習用のテキスト、実際の通信例、かっての国試の問題などがたくさん用意されていて、これを利用するとあらゆる状態でのトレーニングができるのです。素晴らしい!。

                       私がモールスを勉強したのは高校2年生のときでした。英単語を覚えるように、 ・ー ー・・・ とかを単語カードに書いて覚えたものだった。
                      学校までは10km近くあり、自転車通学していたので30分あまりかかるので、その途中にカードを覚えました。

                      覚えてすむと、看板や道路標識を見つけると、トツー、ツートトト、等と口ぐさみながら訓練をしていました。テープレコーダなるものを持たなかった時代、半世紀以上も昔のお話。
                      目と言葉で覚えた。
                      | mannenyama | アマチュア無線 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      アマチュア局開局の保証認定料
                      0
                         アマチュア局の開局申請の保証業務をTSS株式会社で行っており、
                        昨日そこへ書類一式を発送したのですが、
                        保証料の支払いが不明で、今日電話で問い合わせをしました。

                        銀行から4800円を振り込んでもらって、振込証明書を送ってくださいとのことでした。
                        振込先は http://tsscom.co.jp/hosho/annai.html に掲示していますとのこと。
                        早速、銀行へ行って4800円を振込、振込明細書を郵便で発送しました。

                        電話に出てきた方はなかなか親切で、丁寧に教えてくれました。
                        | mannenyama | アマチュア無線 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                        一番上へ