prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ファーム万年山の果実植物 ー熟れ情報2ー
    0
       ファーム万年山の果実植物の熟れ具合です。(6月18日撮影) 前回から5日経過しています。 下は、ブラックベリーです。全体的に褐色に色ずいてきました。 ブラックベリー果実0618m3.jpg 次は、ブドウです。つぶつぶが大きくなってきました。1cm近くあります。 成長の悪い(つぶの小さい)のをまざいています。 ブドウの房0618m2.jpg 最後は、ブルーベリーです。濃紺に色ずいている粒が増えてきています。 まだ収穫するには早いようです。ここ1週間程度日がさしていないので、色ずきも悪いように思います。 ブルーベリー果実0618m.jpg
      | | 花木 | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      子持ちランの花
      0
         久しぶりの子持ちランの投稿です。 花芯がするする50cm近く伸びてきて花が咲いていきました。 子持ちラン花0618m.jpg 子持ちラン花0618m2.jpg
        | | 花木 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ファーム万年山の果実植物 ー熟れ情報ー
        0
           ファーム万年山で栽培している果実植物の熟れ具合を撮影しました。  (6月13日撮影) 1・ ビワ  全粒がオレンジ色に色ずいています。完熟しているか判断ができないので、とりあえず5個収穫して、試食してみました。 ウ〜ンうまい!かなり糖度もあるよう。 明日,鳥に食べられないうちに残りを収穫しましょう。 ビワ熟成0613m2.jpg 2. ブラックベリー  ほとんどが緑色をしていて、早熟な奴がチョコレート色を呈してきています。 食べられるまではまだまだ6月末になりそうです。 ブラックベリー0613m.jpg 3. イエローラズベリー  これもうすい緑色をしています。 早熟な奴がすこし赤みがかってきてはいます。 完熟するのは2週間ぐらい先でしょうか。 ラズベリー果実0613m2.jpg 4. ブドウ  つぶつぶが数mmの大きさになりました。これから摘粒の時期と方法がむつかしいところ。 袋も被せ泣ければと思っています。下は巨峰です。 巨峰は、2房しか実っていません。 それも写真のとおり、貧弱な姿です。来年に期待しましょう。 巨峰0613m2.jpg  下は、デラウエアです。こちらは10房をこえています。 植え付けて2年目、初めての栽培経験としては良く出来たと自負しています。 デラウエア0613m.jpg 5. ブルーベリー  いよいよ真打ち登場です。 が、まだまだ完熟には遠く、1ケ月ぐらい先でしょうか。 「ハイブッシュ」系は少々早くて少し色ずきかけてきました。 中でも早熟な奴は濃い紫色に色ずいてきました。 下は、そのハイブッシュ系のブルーベリーの果実。 ブルーベリー果実0613m2.jpg  下は、ラビットアイ系の果実。まだまだ色ずきは先のようです。 名前の通り、「ウサギの目」のように赤いですネ。 ブルーベリー果実0613m3.jpg
          | | 花木 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          初心者におすすめの「緑のカーテン」
          0
             今朝の日経新聞土曜日のプラス1に「初心者におすすめの「緑のカーテン」」として、つる性の植物人気ベスト10の紹介記事が有りました。 「ファーム万年山」でも、本ブログでも積極的に栽培しているのがベスト10中に半数以上有りましたので、その紹介記事をスクラップして、スキャナーで取り込んだものを、以下に掲載することにし、私の独自コメントを付けることにしました。 第1位 ゴーヤでした  作やすく、害虫や病気にかからないことで、栽培が容易ですし、成長力が強く日よけには抜群の効果があります。果実は健康食品としても大変お薦めです。 人気No.1は当然でしょうか。「万年山市場」で商品としては販売していませんが、自家消費分を3株ほど栽培していますので、「ファーム万年山」でも「ブログ」でも掲載しています。 もちろん実生栽培です。 日経1m.jpg 第2位 アサガオ  昔からの日よけとして用いられてきました。害虫や病気にも強く、花もいろいろあり、目に楽しめます。我が家でも観賞用として栽培はしています。 第3位 ヘチマ  大きい葉っぱで日除け効果大変高いです。ヘチマタワシは日本古来より近来まで使われてきましたし、「ヘチマ水」は現在でも大変有用な化粧水となります。 ゴーヤ同様、「万年山市場」で商品としては販売していませんが、自家消費分として5株ほど栽培していますので、「ファーム万年山」でも「ブログ」でも随時掲載しています。 ご希望の方には実生苗(3号ポット)を「万年山市場」で限定販売します。 日経3m.jpg 第4位 フウセンカズラ  葉っぱは小さいのですが、よく伸びよく茂り、日除けにもなります。 面白いのは、その実の形と模様です。大変面白いので、「ファーム万年山」でも「ブログ」でもよく掲載しています。 ご希望の方には実生苗(3号ポット)を「万年山市場」で限定販売します。 日経4m.jpg  以下は、「ファーム万年山」では栽培していませんので詳細省略です。 第5位 キュウリ 第6位 ツルインゲン 第7位 パションフルーツ   第8位 ひょうたん  「ファーム万年山」」「「万年山」市場」「ブログ」で最も力をいれて栽培したり、販売している植物の一つです。縦や斜めの支柱にして日除けにはなりますが、やはり棚にするのが一番です。 その意味で、手軽に栽培するのはむつかしいかもしれません。 日経8m.jpg 第9位 ツユムラサキ  これも、栽培していませんので詳細省略です。 第10位 ブドウ  昨年から力を入れて栽培を始めた植物です。目的は「食べる」ことにありますが・・・。」 ひょうたんと同様、棚栽培になりますので、取っ付きに気かもしれませんが、鉢栽培と言う手がありますので、一般家庭での栽培を広げて行きたいなと思っているところです。 昨年晩秋に剪定した枝を挿し木した挿し木苗(3ケ月)を3号ポット15株を栽培中です。 日経10m.jpg
            | | 花木 | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            さくらんぼが最盛期
            0
               サクランボの実が最盛期になりました。 収穫するのが大忙し、ちょっと目を離すとスズメがワンサカ! そこそこ採って、残りをくれてやってもいいか・・・・。 さくらんぼ0505m.jpg
              | | 花木 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              サクランボの実にスズメが
              0
                 チューチューとスズメの鳴き声がうるさいので、もしやを思ってサクランボを見てみると、 サクランボが赤く売れていて、スズメがそれを食べにきているのでした。 昨日はなんともなかったのに、今日突然の来襲でした。 赤く熟れて食べるとおいしいのをちゃんとわかるのですね。 熟れていない実は全く見向きもしないので、赤く熟れているのが識別できるのでしょう。 ほっておくと熟れたみを全部食べられてしまうので、 食べられない前に赤く熟れた実を収穫しました。 これから毎日収穫作業をすることになります。 サクランボ0504m2.jpg サクランボ0504m.jpg
                | | 花木 | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                サクランボの実が色ずく
                0
                   5月1日、気温20℃を超える日が続き、サクランボの実が色ずき始めました。 記念撮影をした写真を2枚アップします。あと数日で真っ赤に熟すでしょう。 すずめを始め、野鳥が来襲してきます。  熟れていないときは、見向きもしないけれど、 熟すのを見計らって大勢でやってくるのです。 鳥は、実が熟れているのを察知するセンサーがあるのですネ。 さくらんぼ0501m1.jpg さくらんぼ0501m2.jpg
                  | | 花木 | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  さくらんぼの果実
                  0
                     さくらんぼの実がだんだん大きくなってきました。 少し色もついてきたようです。 さくらんぼ0424m.jpg
                    | | 花木 | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    子持ちラン
                    0
                       毎日植替えに励んでします。 少し変り種の植物が冬を越してがんばっていたので、彼女をたたえて報告しましょう。 名前は、「子持ちラン」、ナイスネーミングですね。 子持ちラン4号高0210_50.jpg 膨れたお腹みたいなところに、小さい種みたいなのが張り付いています。 回りに、その「種」から発芽?して成長している子どもが3個見えています。 この種みたいな赤ちゃんは、お腹の中からぷくっと膨れてきて、表面に出てきて生まれるのです。 始めはお腹?の一部が「こぶ」のように膨れ、だんだんと大きくなり、しがみついて見えるようになります。最後に、お腹からポロリと離れ落ちるのです。 このあたりの様子は、大きい5号鉢で育っている子持ちランのアップ写真を見ていただくと、よくわかるでしょう!。 場面の右上のほうにお腹が少し膨れているのが見えます。 下に親離れをした?子どもがいくつか転がっているのが見えています。 子持ちラン0210-2_50.jpg 下の写真は、別の角度から撮影したものです。 張り付いていた赤ちゃんが親離れせずに、しがみついたまま、成長しています。 でもいつまでもしがみ付いているのでなく、近いうちに親ばれはします。 子持ちラン0210-50.jpg しがみついたまま芽を出した赤ちゃんも、芽を出さないまま親離れした赤ちゃんも、新芽がでてきて、大きく成長して大人になります。 一番最初に掲げた写真は大きく成長した子どもが写っています。 とってもおもしろいですね。 「子持ちラン」という名前が付いていますが、「らん」の仲間ではないようです。 アメリカでは、「妊娠したタマネギ」という名前が付いています。 すごくリアルなネーミングですね!。 写真は全て今日 2月10日に撮影しました。 興味のある方は、「万年山市場」でポット苗を販売しますの、ご覧ください。 現在3号ポットは、上の葉っぱが枯れて下の写真のような状態です。 子持ちラン3号ポット2-0210_50.jpg
                      | | 花木 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      新苗(ブルーバタフライ、モンステラ、ジャスミン)を購入しました
                      0
                         ほしかった苗が手に入りました。 ブルーバタフライ、モンステラ、ジャスミンの三種類のポット苗です。 一年後にはそれぞれ5倍以上に増やすのが目標です。 ブルーバタフライのポット苗です ブルーバタフライと思い込んで育てたのはいいのですが、花が咲いてブルーバタフライでなく、チョウマメであることがわかってがっかりしたのです。 いろいろ調べて、ようやく正真正銘のブルーバタフライが手に入りました。 ブルーバタフライ1128m.jpg モンステラのポット苗です 葉っぱに切込みがない「食わず芋」は数株育てているのですが、切り込みのある「モンステラ」がほしいなと思っていました。 モンステラ1128m.jpg ジャスミンのポット苗です 有名な「ジャスミンの香」を嗅ぎたくて、購入しました。 ジャスミン1128m.jpg
                        | | 花木 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                        一番上へ