prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ブルーベリーに害虫発生!
    0
       今朝、久しぶりの好天でしたので、ブルーべりの観察をいつもより丁寧に行いました。 そこで、ブルーベリーの葉っぱの異常を2件発見しました。 その1  下の写真を見ると明らかですが、葉っぱが丸くまるでコンパスで描いたように切り抜かれているのです。 ブルーベリー虫食い葉0513m.jpg  ひどいのは、ほとんど葉っぱの態をなしていないほど切り抜かれています。 まるで、はさみで切り紙細工をした残りかすのよう。 ブルーベリー虫食い葉0513m2.jpg  葉を食べる虫がいるのかと丹念に捜しましたが、葉の表面はもちろん、裏側にも土の表面にも見つかりませんでした。ですから、犯人は不明です。ごく小さいアブラムシかダニのようなのがいるようでしたが、アブラムシやダニは液を吸うので、このように葉っぱを食べることはしないはずです。 今後の研究・調査に負うことにします。 二つ目  新鞘の先端がぐんなりとしおれているので、水分が不足しているのかなと思ったのですが、 日中では可能性は大なのですが、朝っぱらはおかしいなとおもいました。 ここ2,3日、雨模様の日が続いていたので、水遣りは少々控えてはいたのですが、それにしても?  そこで、先端の新葉の裏をよく見ると、予想していたとおりアブラムシを発見しました。雨模様で気温も高く、新葉がどんどん成長しているので、葉っぱが柔らかく、樹液がおいしいのでしょう。アブラムシが発生する好条件だったのかもしれません。  手でとってつぶしにかかりましたが、他の枝や、株やにも発見したので、消毒剤を散布することにしました。 下の2枚の写真はブルーベリーの新鞘に取り付いたアブラムシです。 ブルーベリーアブラムシ513m.jpg  羽が生えたのがいるのはいったいなんでしょう。 こいつが飛んできて住みついたのでしょうか。 ブルーベリーアブラムシ513m2.jpg
      | | 病害虫 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ひよどりがねらっている
      0
         ブルーベリーの実が熟して青くなってきたのを見定めてやってきたのか ヒヨドリが一段と見晴らしにの良いところにとまって盛んに鳴いている。 仲間を呼んでいるのか、どけと人を威圧しているのかわからないけれど、 この周辺を離れようとしないのだ。 こちらも根気よく彼によく見えるような立ち振る舞いをする。 現在は2羽だけなので膨鳥ネットを張り巡らすほどのことはない。 これ以上増えると、背に腹は代えられないが・・・・。 最初は何の鳥かわからなかったけれど、300mm望遠レンズを装着して 撮影して、図鑑で調べたら「ヒヨドリ」だと判明しました。 下は、その写真です。 ひよどり715m.jpg
        | | 病害虫 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        「ワタムシ」の観察 7月7日
        0
           諏訪神社境内のアジサイに取り付いている「ワタムシ」を カメラ持って観察に行きました。 昨日の時と違って、ワタムシの姿や生態について少々知識を得ているので かなり興味を持って参りました。 代表的なアジサイの幹に取り付いているワタとワタムシに狙いをつけて撮影しました。 前回は幹にワタが一杯巻き付くような状態としか認識していなくて、 「ワタムシ」そのものはいなかった(発見できなかった)と投稿していたのですが、 ワタムシ707m15.jpg それは私の無知によるものでした。 この画像に中にたくさんの「ワタムシ」が隠れています。 いや、隠れているのではなくて、堂々といるのです・・・。 何匹いるかわかる方は、「ワタムシ」についてある程度の知識がある方でしょう。 昨日までは「ワタムシ」はいないと断定していた自分ですので、 お恥ずかしいのですが・・・・。 下の写真のおように、 白く盛り上がっている部分に指を近づけてみました。 ワタムシ707m13.jpg すると、ぱっと雪が散るように「綿ほこり」が舞って、 そのうちの比較的大きい「雪」がすぐ近くのアジサイの葉っぱの上に落下したのです。 実は「落下」したのではなくて「飛び移った」のでした。 葉っぱの上に飛び乗った「ワタムシ」をカメラに納めました。 明らかにこれが「ワタムシ」の正体です。 身長はおよそ2cmでした。中でもでかい方なんだと思います。 ワタムシ707m11.jpg 「ワタムシ」を詳しく見てみますと 頭の部分がかすかにわかります。目が左右に一対あり、足が3対あるようです。 シッポらしい部分が見られます。 すべて、真っ白い綿に包まれているので、ちょっと目には全くわかりません。 住みかになっている幹は全体が綿に包まれていて、 その中に綿に包まれた「ワタムシ」がいるのですから、 「幹全体に綿が巻き付いている」としか見えないのです。 すばらしい隠れ蓑です!。こんな虫は初めて見ました。 この「ワタムシ」が綿をはき出す様子を見たいものです。 また、この真っ白いワタの成分は一体何なのでしょう?。 綿のように巻き付いているのではなく、雪のように積もっている と言う表現が当たっているように思います。 フッと息を吹きかけると、ぱっと散ってしまうところが、 さらっとした雪の感触なんです。 現在のところ「ワタムシ」を捕まえての観察でなくて、 じっと見つめての観察、写真からの観察なのですが、 ますます興味がわいてきました。 当分、この「ワタムシ」で投稿のネタは途切れることはなさそうです。
          | | 病害虫 | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「ワタムシ」の正体みたり!
          0
             「ワタムシ」と言うことがわかったので、 その正体をカメラに納めようと、昨日のブドウ「巨峰」を観察に行きました。 運良く明らかにワタムシとわかる虫がブドウの枝に取り付いたいます。 逃げないうちにとあわててシャッターを切ります。 以下はその写真。 中央に少し膨らんでいる白い物体がそれ、右側の方にうすく白い粉風のものが 写っている。 ワタムシ707m.jpg 指でちょっと脅かすと、ちょこちょこっと2,3歩?移動しました。そこでもう一枚。 最大アップにして撮影、これだと何とか虫らしいことがわかる。 ワタムシ707m2.jpg 少しすると、チョコチョコっと横に2,3歩?歩いたので、パチリ。 周りが白く覆われていないので、よくわかる。 でも、「ワタムシ」だとわかっているから、虫だとわかるので、 それを知らない人にとっては、とても虫だとは思わないでしょう。 昨日の私はそうでしたから・・・・。 ワタムシ707m3.jpg
            | | 病害虫 | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            「白い綿虫」の正体がわかりました
            0
               昨日、「白い綿虫」と勝手に名付けて、投稿したのですが、 その後、googleで「シロワタムシ」をキーワードで検索したところ、 ヒットしました。さらに調査を続け、「ワタムシ」をキーワードで検索すると、 たくさんのサイトがヒットしました。 「ワタムシ」が正式名だと言うことが判明しました。 姿、形、生態からも間違いなさそうです。 で、生態がわかったので、カメラを持って詳しい観察をしてみたいと思います。
              | | 病害虫 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              白い綿のような不思議な害虫?
              0
                 ブドウの木(巨峰)の枝に白い綿が巻き付いているようなのを発見しました。 何かなと、息を吹き付けてみると、簡単に吹き飛ぶのです。 まるで、綿を軽く巻き付けているようにみえるのです。 中に2cmくらいのバッタに綿を巻き付けているような虫がいるようなのです。 息を吹きかけると、チョコちょこっと動きましたので、やはり昆虫のようです。 あわててカメラ取りに行って、帰ってきたらもういませんでした。 白い綿?毛虫?706m.jpg どうも植物にとっては害虫のようなので、あちこち調べてみましたが、 同様の綿虫?は見つかりませんでした。 たまたま、すぐ近くの諏訪神社に所用があって正面階段ではなく、 左側にあるスイッチバックの階段を登っていたのですが、 途中、アジサイの軸に真っ白の綿が巻き付いているのを発見しました。 1株だけでなく、2.3株にも発見しました。 また、桜の幼木にもとりついているのが見られました。 害虫の仕業と言うことが確実です。 とって返して、カメラ用意して撮影しました。 以下、その「白い綿虫」(虫は見つかりませんでした)の写真です。 綿虫?706m.jpg 綿虫?706m2.jpg 下の写真は、桜の幼木にとりついた「白い綿虫」です。 綿虫?706m3.jpg 綿虫?706m4.jpg この「白い綿虫」の正式名、生態がわかりましたら投稿することにしましょう。 どなたか知っていましたら教えてください。
                | | 病害虫 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                コガネムシを発見!
                0
                   大事に大事に育てているブドウ(デラウエア)の葉っぱを かじっている虫を発見、カメラを」用意する間に逃げられtらと捕まえた。 よく見ると「コガネムシ」のようだ。 早速記念写真を撮る。背景にスイレンの葉っぱに乗せて撮影しました。 緑色をして金色に輝きすばらしい色だ。 殺すのがかわいそうなくらい美しい。が、これの食欲もすごそうだ。 いまにも飛びそうな気配があったので、 気の毒だが踏みつけて天国に行ってもらった。 コガネムシ706m.jpg
                  | | 病害虫 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ブルーベリーに害虫発見
                  0
                     ブルーベリーの葉っぱが茶色っぽくなっているので、 おかしいな〜と思って近くの枝の葉っぱの裏を調べるとビックリ!。 ある特定の葉っぱの裏に変な虫の集団を見つけました。 あわててカメラをとってきて撮影しようとしました。 葉っぱの裏なので、右手でカメラを左手で葉っぱを反転裏返して 撮影しようとしたのですが、うまくいかずに、 葉っぱをちぎって撮影することにしました。 したは、その撮影した画像です。 害虫630m.jpg 周辺の株の枝、葉っぱを調べてみると、5%ぐらいの株にこの害虫がいました。 害虫701m.jpg ネットで調べてみると、「イラガ」という害虫であることが分かりました。 イラガは小さいうちは葉っぱの裏で集団で行動し、葉っぱを食べるといいます。 大きくなると、単独行動に」入り、あちこちに散らばって あっと言う間に、株全体が丸裸にされるとのこと、 集団でいるときは退治するのは比較的簡単で、集団でいる葉っぱをちぎって 焼却処分をしたら良いのですが、全体に広がると、手に負えなくなります。 果実が熟しかけている時期なので、株全体に殺虫剤を噴霧することは出来ません。 幸い発見が早かったので、集団でいる葉っぱをちぎってまとめて焼却処分をしました。、 ひょっとしてブルーベリーだけでなくイラガが好きな植物、 「葉っぱ」がほかにあるかもしれないと庭中調べると、思った通りいました。 その一つ、「バラ」もう一つは「さくらんぼ」でした。 これは、バラの葉っぱにとりついた「イラガ」です。 害虫630m2.jpg バラは食料にしないし、サクランボは果実の収穫は とっくに過ぎていますので 殺虫剤「オルトラン」を株全体に噴霧してやっつけました。 4,5日おいて再度噴霧する予定です。 イラガについている「トゲ」に刺されると激痛があり、 2,3日がその痛みが残るといいますので要注意です。 収穫の際に不注意に触るとたいへんですよ!。
                    | | 病害虫 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ブルーベリーの害虫発見
                    0
                      今日、ブルーベリーの木を観察していたんですが、 葉っぱにとりついていた害虫を発見しました。 あわててカメラを取りに行き、撮影しました。 毒々しい色の毛虫です。今のところ名前は不明です。 ブルーベリーの害虫506m1.jpg もう一つ、同じ木の葉っぱにとりついていた「テントウムシに似た」虫です。 これも現在名前は不明です。 ブルーベリーの害虫506m2.jpg 上の二種の害虫は特定の一本の木だけにとりついていて、 それぞれ一匹だけしか見つかりませんでした。 他の木にもいるかどうか丹念に調べたのですが、発見できませんでした。 もちろん、発見した2匹の害虫はカメラに納めた後、捕殺しました。 とりついていた木は、他の木と違ってわずかに葉っぱが黄色くなっています。 「クロロシス」が発生しているのではと思います。 それで、体力いや木力?がなくなり、害虫にとりつかれたのではと 推察していますが、案外あたっているのでは・・・・・?。
                      | | 病害虫 | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      名前不明の害虫
                      0
                         イチゴの観察をしていたら鮮やかな色をしている毛虫(害虫?)を見つけました。 カメラを用意するまでに逃げられたら大変と、持っていたハサミで、 胴体を真っ二つにチョッキリ。 あわててカメラを用意して撮影しました。なんとも毒々しい色彩ですね。 不明害虫0513m.jpg
                        | | 病害虫 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                        一番上へ