prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ブルーベリー着果・結実しました
    0
       ブルーベリーの受粉が終わり、着果 日増しに大きく膨らんでいます。
      花は先週で完全に散ってしまいミツバチ君も訪れなくなりました。

      遅ればせながらミツバチ君達が協力してくれたおかげで、ほぼ受粉が出来たようです。
      つぼみから今日までを時系列でアップしましょう。

      3月25日撮影


      4月10日撮影



      4月24日 ミツバチ君来訪 1週間毎日お仕事!



      4月22日 受粉・着果



      5月10日 こんなに大きくなりました






      | mannenyama | ブルーベリー | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ミツバチ君達
      0
          4月25日、初来訪の翌日朝、毎朝の日課でさる、水やりをしていますと、いましたいました。ミツバチ達がさかんに蜜を求めて飛び回っていました。

         その数、10匹余り、大群をつれてやってきたと言うほどではありませんが、昨日の2倍あまりですから、いいんじゃないでしょうか。
        終日、せっせと受粉作業に精を出してくれるのですから、感謝!
        耳かきでポンポンの比ではありませんから・・・!。
        | mannenyama | ブルーベリー | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ミツバチ君来訪!
        0
          今朝、早朝に水やりをしていると、ミツバチがブルーベリーの花にとりついて、蜜を採集しているのを発見しました。
          急いで、カメラを取りに帰って、撮影しました。
          下は、その時とったミツバチの写真です。急いだのでレンズは標準のズームレンズだったので、細かいところはわかりませんが、確かにミツバチを取らえています。

          ミツバチ

          (平成26年4月24日 午前6時半ごろ撮影)

           何枚か追いかけながらシャッターを切りましたが、そのうちいなくなりました。
          ほかにいないか探しましたが、この1匹だけでした。
          たまたま、匂いを嗅ぎつけて単独でやってきたのでしょう。

          仲間のところに帰って、ダンスを踊って、この場所を仲間に知らせているに違いありません。今日は20度を超す暖かい気温と風も少なく絶好の気温ですので、大いに期待ができます。

          夕方、4時過ぎにマクロレンズを装着して、ミツバチ君たちの撮影に行きました。
          絶対に、朝のミツバチが、仲間のところへ帰っていき、仲間にこの場所を知らせているはずだと踏んだのです。

          はたして、ミツバチが数匹ブルーベリーの花に取り付いて蜜を採取していました。
          大勢でではなかったのですが、数匹は確認できました。飛び回るミツバチ君たちをねらってシャッターを切り続けけました。

          以下にまあよくとれている写真を何枚かアップすることにします。

          ミツバチ

          釣鐘状の花びらの中に頭を突っ込んで・・・。ウメー!

          ミツバチ

          どれがいいかな・・。



          (平成26年4月24日 午後4時半ごろ撮影)

          明日には、今日の数匹がそれぞれ仲間を誘ってやってくてくれるに違いありません。
          ちょっと遅きに失しましたが、まだ間に合います。
          期待してま〜す。
          | mannenyama | ブルーベリー | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ブルーベリー満開に
          0
             今年のミツバチが異変
            ブルーベリーが満開から散り始めました。ブルーベリーは桜のように一斉に咲くのではないので、満開というのは適当ではないのですが、一見満開のように見えます。

            でも、ミツバチが一向にやってこないのです。
            初夏のようにあたたかくなったり、冬に逆戻りするようなことになったりと、気候変動がはげしいので、活動できないのかもしれません。

            「人間さま」の私でさえ、電気こたつが居間にしっかりと居座り、離せない状態ですから、無理もないのかもしれませんし、別の原因があるのかもしれmせん。

            理由はとにかく、ミツバチがやってきてくれなければ、私がミツバチの代わりをしなければなりません。100本余りあるブルーベリーの花を耳掃除をする綿のような耳かきを買い入れて、せっせと花の開口部をたたいて回りました。2,3時間かかったでしょうか、疲れました。



            全部が開花しているのではないので、日をおいて何度かする必要がありそうです。
            下は、鈴なりのブルーベリーの花房です。花弁が開いているのと開いていないとが見えます。



            マクロレンズを装着して、クローズアップです。



            花弁の中を撮影しました。釣鐘状になっていて、この中にオシベ、メシベがいるので、
            中に届くようにしなければなりません。
            ミツバチはうまく中に首を入れて蜜をとってくれるのですが・・・・。



            | mannenyama | ブルーベリー | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ブルーベリーまもなく開花
            0
               気温が急上昇章してブルーベリーの蕾が膨らんできました、
              開花はもう間近です。今週中に開花するでしょう。

              ブルーベリー蕾2

              3月25日撮影

              ブルーベリー蕾3

              別の小枝です。
              3月25日撮影

              ブルーベリー蕾1


              蕾がだいぶん膨らんできました。

              4月2日撮影


              | mannenyama | ブルーベリー | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ブルーベリー鉢の植えrかえ
              0
                ブルーベリーの収穫が終わったので、植えかえをしています。
                一度には出来ませんので、毎日少しずつ、5〜10鉢を植え替えています。
                35度近い炎熱の中では、熱中症になって病院に運ばれそうですから、朝の6時過ぎに作業を始めて2時間ぐらい、せっせと作業をするのです。

                それでも暑いのは暑い、汗が噴き出てきます。
                でも、ブルーベリーは喜んでくれるでしょうね、きっと。

                下の写真は30cmの鉢で栽培している4年生ブルーベリーです。
                葉っぱは青々していて元気に育っています。今年はあんまり収穫できませんでした。



                鉢から引き抜いた根本の写真です。
                毎日必ずたっぷりと水やりをしているのですが、、鉢から抜いてみるとこんな状態でした。
                根が、鉢の回りにびっしりとまわっています。用土のピートモスがほとんど乾燥状態に成ってしまっています。これでは、いくら水やりをしても、用土に水分を含んでくれることはありません。
                ピートモスはこのように乾燥してしまうと、もう水分を含む能力がなくなってしまうのです。
                もうちょっとで、枯れさせてしまうところでした。

                秋まで待っていたら、枯れさせていたでしょう。間一髪のところでした。
                私の知っているところで、ブルーベリーを育てられている方はいませんでした。
                ほとんど全部の方は枯れさせてしまっているのです。

                露地栽培をしている方は、ブルーベリーが強酸性でなければ育たないことを知らなかったことで、
                植えてもだんだん小さくなって姉妹には枯れさせてしまうのです。

                鉢栽培をしている方は、買ってしばらくは鉢のピートモスが有効で、酸度は保たれていても、
                上のような状態になって、枯れさせてしまうのです。
                毎日水を欠かさずにやっていてもこうなるのです。
                これがブルーベリー栽培の重要ポイントです。



                ピートモスを復活させるために、水を入れたトレーにしばらく漬けて置いて、しばらくして、十分に水を含むようになるまで用土をもみもみ。熊手でびっしりと張り付いたいる根をほぐしてやります。
                元の鉢に新しい用土を入れ根を整理した株を載せて、回りに新しい用土と古い用土を詰めて植えかえ完了です。
                上部の枝を摘心、切除してこの鉢の作業が終わりました。





                下の写真は、別の鉢の植えかえ前の物です。
                40cmの鉢で栽培している5年生のブルーベリーです。
                すでに、かなりの枝を切除・摘心しています。



                引き抜くと、、下の写真のようになっていました。中間層の一部に用土が乾燥しているようすが見られますが、一番下の鉢底はしめっています。
                なんとか、まあまあの状態でした。




                これも水をたっぷりれたトレーに株をしばらく漬けて、水をジャブジャブかけ乾燥している部分を例によってもみもみ。



                根を整理して、元の鉢に新しい用土と共に植え付けました。植え付けた後、横に伸びていた幹を思い切って切除しました。
                上部の枝も思い切って摘心や切除をしてさっぱりしました。
                鉢をこれ以上に大きくはしないんもで、根と、枝とがバランスを撮るように切りつめる必要があるんです。



                こうして植えかえが完了しました。元の株とは全く違ったような株が出来上がりました。
                これらの作業の評価は来年の春にわかるでしょう。
                | mannenyama | ブルーベリー | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ブルーベリー終わりに近ずきました
                0
                   前回(7月14日)に撮影して1週間後の同じ小枝のブルーベリー(ラビットアイ種)です。
                  この枝だけ収穫を控えていましたが、少し揺すると落果しはじめました。
                  まだブルーに色づいていないのが2割ほどありますが、3割近くが完熟しています。
                  記念に写真を撮り、その後に収穫をしました、




                  こちら、別の小枝の記念写真



                  以上の二つの小枝は時別です。
                  普通は、こんなにならすと粒がちい小さくなってしまいます。
                  | mannenyama | ブルーベリー | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ブルーベリーの初収穫
                  0
                     2週間くらい前から毎朝の水やりの時に完熟していそうなものをつまんで1個2個食べていました。でも、収穫するというほどの量はとれていなかったのです。

                    今年のブルーベリーの結実はさっぱりです。昨年の2,3割でしょうか。
                    原因は、3月下旬にバカ陽気があって、ブルーベリーが一斉に開花したのです。

                    でも、その時には昆虫たち、特にミツバチ君達はまだ活動していなくて、受粉作業がほとんど出来ていないのでした。人工授粉に精を出しましたが、出来ることはたかがしれていますので、
                    やりやすいところだけになってしまいました。

                    その後、冬に逆戻りが2,3週間続いたので、一気に無受粉の状態で散ってしまいました。
                    暖かくなって、ミツバチ君がやってきたときには、ほとんど散ってしまっており、遅咲きの数少ない花を探してミツの収集をしてくれていたのですが、なにしろまばらの花しかないので、
                    それがわかっているのでしょう。
                    大勢を連れてきても、仲間を満足させることはできないのですから・・・。

                    天候不順が主因でなく、開花とミツバチの活動時期のミスマッチが原因だと思っています。
                    ですから、ブルーベリーだけでなく、昆虫の受粉作業が必要な果樹類はこのような状況ではないでしょうか。自家受粉化できるブラックベリーは大量に収穫できそうなことから以上の分析はあったっていると主おます。

                    でも、とにかく少ないながら初収穫が出来ました。

                    下の写真は事務所の入り口においてある40cm鉢で育てている5年生のブルーベリーです。
                    鈴なりとはこんな状態でしょう。観察や手入れが最もやりやすい位置にあり、人工受粉をせっせと出来た結果でしょう。ちょっとなりすぎ感じがしますが、
                    他の株がほとんだめなので、がんばってもらことにしまいした。

                    鈴なりのブルーベリー

                    第1回目の収穫がこれだけでした。ちょっとさびしい。

                    初収穫ブルーベリー
                    | mannenyama | ブルーベリー | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ブルーベリーの実が熟し始めました
                    0
                       このところ、真夏のような天気が続いています。
                      そのせいでしょうかブルーベリーの実が急速に熟して来ました。
                      早く熟し始めるのはハイブッシュ系のブルーベリーで、比較的大実のブル^ベリーになります。

                      以下何点かの写真は熟しているブル−ベリーの実です。








                      | mannenyama | ブルーベリー | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      ブルーベリーの実
                      0
                         ブルーベリーが開花しているとき、ミツバチ君がほとんどやってきませんでした。
                        受粉が出来ているか心配でいたが、人工授粉のお陰か、結実してくれました。
                        このところ良い天気が続いているので、 ブルーベリーの実が大きくなってきました。

                        下は、ハイブッシュ系のブルーベリー
                        少し赤く色づいて来ました。



                        下の3枚は、ラッビットアイ系のブルーベリーです。





                        | mannenyama | ブルーベリー | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                        一番上へ