prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< まずは、アマチュア無線技士免許の再交付 | main | 無線従事者免許が到着しました >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    一アマ免許
    0
       一級アマチュア無線技士免許の再交付を受けるに当たって、現在のアマチュア無線技士の資格とか試験制度などをちょっと調べてみました。
      なにしろ、30年余りこの世界から遠ざかっていたのですから。いわば浦島太郎のようなもんです。

      まず一級から始まって。二級、3k級、四級と四つもあるのですね、
      私が知っているのは、一級、二級、電信級、電話級でしたから、びっくり。
      さらに驚いたのは、一級、二級とも、電信(モールス)実技試験がなくなってしまっていることでした。
      法規の中に、Q符号の理解と ・− の記号の理解を問う問題が2,3あるだけ!。

      これにはびっくり仰天。
      確かにプロの世界では今、船舶や陸上無線局では、モールスで通信するなんてことは全くしないでしょうが、モールスの実技試験としては残っています。
      いくら通信技術が発達したとしても、重大な事故が起こってコンピュータや高度な通信機が使えなくなったときに、最後の頼りになるのは、モールス通信だからです。
      これだと、その気になれば1日もあれば送信機や受信機が作れ、最低限の通信が出来ます。
      だから、実際に使われていなくともモールス通信が出来る必要性はあるわけです。

      一方、アマチュアの場合、プロと違って現在でもモールスの通信が行われているようです。
      いまでも、手作りの送信機や受信機を作って通信したり、100mWぐらいの超低電力で通信を試みたりしている無線家がいます。
      そういう楽しみ方が出来るのがアマチュア無線の良いところでもあります。

      高価な通信機とアンテナを張り、ハイパワーで世界中の仲間と安定して通信をするというのも一つの楽しみ方ですが、前述のような楽しみ方だってあるわけです。どちらを選ぶか、否、両方を目指す楽しみ方もあるのが、アマチュア無線家ならではないでしょうか。

      またまた話が脱線してしまいましたが、モールス通信が全く出来なくとも、一アマ免許が取れる時代なったんですね。これは喜ぶべきなんでしょうか。記号で ・− は A だと頭で理解していて実際に通信が出来るとは全く思いませんが・・・。

      私が取得したとき、一分間に平文で英文60文字、和文50文字の送信及び受信がありました。使い慣れた縦振り電鍵を持ち込んで送信実技試験でした。たしか3分間だったように思います。
      受信は受験者全員同時にスピーカーから流れるモールスを聞いて用紙に記録するのです。

      送信は、電鍵を紙テープにモールスの符号を打ち出す機械に繋ぎ、渡された送信文をみて、キーをたたくのです。機械が4,5台あって、受験番号順に送信試験をしたようにおもいます。
      受信も送信もとても緊張しましたね〜。

      40年以上昔の話です。いま、思い出すと、なつかしいですね〜。
      こんなことを言うのは、やはり年のせいでしょうか・・・・・。

      | mannenyama | アマチュア無線 | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 19:46 | - | - | - | - |










        一番上へ