prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< ハチ退治 | main | ひょうたん収穫 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ひょうたんが熟成、収穫間近に
    0
       ひょうたんが熟成してきました。
      ひょうたんの色合いが白っぽくなって来るのと、指で押しても全くへこまなくなるので、
      ひょうたんが木質化していることがわかります。

      こうなると、もう収穫していいのです。
      早すぎると、完全に木質化が出来ていなくて、果肉を取り出す際につぶれてしまうのです。

       下は、オイル缶で育てていた鶴首ひょうたんです。
      葉っぱがほぼ枯れてしまっています。身長20cm程度になり、完全に木質化しています。
      お盆明けに収穫する予定です。



       ビニールハウスのビニールを取り、代わりに細い竹をたくさん縛り付けて
      これに這わせていました。高さは2,3mあります。

      手前の大きいひょうたんは30cm近い大ひょうたんです。1株に1個だけ育てていました。
      遠くにたくさん見えるのは千成りひょうたん(ミニひょうたん)です。
      なかなかいい形に育っています。1株に20個ぐらいついています。
      収穫するには少し早く、あと10日ぐらい待ちましょう。



       ビニールハウスの両側にウイング状に張り出して建設したひょうたん棚(1.8m高)
      育てているひょうたんの一部です。
      15cm前後の中型ひょうたんで、鶴首まではいかなくて、梨型です。
      葉っぱが枯れて、収穫時期を迎えています。



       同じ棚上で育っている中型ひょうたんです。
      標準型の典型的なスタイルをしています。これも収穫適期にさしかかってきました。



       お盆明けに収穫して、果肉を取り出す作業を始めます。
      白木のひょうたんになるのは、およそ1ケ月後、9月下旬になります。


       収穫して、加工前(果肉を取り出す前)の状態(生ひょうたん)をご希望の方に
      万年山市場で販売予定です。
      18日中には掲載します。
      | mannenyama | ひょうたん | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 19:52 | - | - | - | - |










        一番上へ