prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< セミ | main | ハチ退治 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    柱サボテン「鬼面角」の挿し木
    0
       柱サボテン「鬼面角」が背が伸びて、軒に届いてきたので、何とかしようと思案してました。
      摘心するのはいいですが、摘心した後のサボテンをどうするか、ネットでいろいろ調べてみました。

       下は事務所の軒まで達した「鬼面角」です。一日に1cm程度伸びているようなので、
      あと数日で軒を突き破ってしまいいそうです。(実際は突き破るほどのパワーはないので、変に曲がってしまうだろうとおもいます)
      50cm間隔でくびれているのは、木でいう年輪のようなもので、冬場ほとんど成長しないので、細くくびれているのです。4年前のところで切断しました。


       4年前、2mぐらいのところで摘心しました。
      真ん中のが、摘心された株です。両側に2株同じぐらいの背丈に伸びたのがあります。



       摘心された株の切り口断面です。
      切断は、大きな剪定ハサミをつかいました。



       摘心された側の断面です。まるでヒトデのよう・・。



       2mぐらいの長さがあるので、4本に切断しました。
      1本がおよそ5cmあります。うち2本を半分にして20cmぐらいを4本と
      50cmぐらいを2本にしようかと思っています。



      日の当たる場所に1,2日置いて、切り口を乾燥させるようにとのアドバイスがあり(ネットで)そうすることにします。(まだ4本です、あすに2本増やします)




      8月11日 追記

       切断した50cmぐらいの幹のうち2本を半分に切断しました。
      合わせて6本になり、現在切り口を乾燥させています。


      | mannenyama | サボテン | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 19:12 | - | - | - | - |










        一番上へ