prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< 春の訪れ | main | 八代目儀兵衛のお米を試食しました >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    贈り物の八代目儀兵衛
    0
       知人から贈り物をもらいました。
      なにか、八代目儀兵衛とかの銘がある金色の和菓子のような箱。
      開けると、いろとりどりの布に包まれた和菓子風包みが12個はいっている。

      その中の一包を開けると、ビックリ、なんとお米が入っていたのです。
      初めてみる珍しいものなので、記念にカメラを用意して撮影することにしました。
      下の画像が外箱、右上に文字が見えますが、逆さまに撮影してしまいました。ホントは左下に書かれた銘です。



      下の画像が箱を開け、包を一つ開けた状態の写真です。
      この時まで、和菓子と思い込んでいました。



       中に説明書きや、製造元などを書いてあるカードが入っていたので、ネットで検索したところ、
      詳しいことがわかりました。
      メーカーのサイトは http://www.okomeya.net/gift/user_data/shopping_nav.php
      この商品の名前は 「十二単 満開 」、2号の精米したお米が12袋入っていて価格は5250円、
      (税込送料とも)とわかりました。

      「ただのお米」をここまで化粧し差別化して商品化する発想の奇抜さに感心することしきり・・・。
      これを自分で食するために購入する人はまずいないでしょうが、贈答品として特化しての商品化したところが、すばらしい!。

      古くから公家の歴史を持つ京都ならではの発想の商品でしょうか。他の街では同じ発想が出来ても商品としては成り立たないのではとも思いました。
      このお米を炊いて、食してみの感想を投稿したいと思っていますが、味はそう期待してはいません。

      そう、差別ができないと思いますし、お米の産地や銘柄、栽培した農家の名前が入っているわけでもないのですので・・・。






      | mannenyama | エッセイ | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 19:53 | - | - | - | - |










        一番上へ