prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< ブルーベリーの果実が膨らんできました | main | 木いちごの実が成熟し始め >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ブルーベリーに害虫発生!
    0
       今朝、久しぶりの好天でしたので、ブルーべりの観察をいつもより丁寧に行いました。 そこで、ブルーベリーの葉っぱの異常を2件発見しました。 その1  下の写真を見ると明らかですが、葉っぱが丸くまるでコンパスで描いたように切り抜かれているのです。 ブルーベリー虫食い葉0513m.jpg  ひどいのは、ほとんど葉っぱの態をなしていないほど切り抜かれています。 まるで、はさみで切り紙細工をした残りかすのよう。 ブルーベリー虫食い葉0513m2.jpg  葉を食べる虫がいるのかと丹念に捜しましたが、葉の表面はもちろん、裏側にも土の表面にも見つかりませんでした。ですから、犯人は不明です。ごく小さいアブラムシかダニのようなのがいるようでしたが、アブラムシやダニは液を吸うので、このように葉っぱを食べることはしないはずです。 今後の研究・調査に負うことにします。 二つ目  新鞘の先端がぐんなりとしおれているので、水分が不足しているのかなと思ったのですが、 日中では可能性は大なのですが、朝っぱらはおかしいなとおもいました。 ここ2,3日、雨模様の日が続いていたので、水遣りは少々控えてはいたのですが、それにしても?  そこで、先端の新葉の裏をよく見ると、予想していたとおりアブラムシを発見しました。雨模様で気温も高く、新葉がどんどん成長しているので、葉っぱが柔らかく、樹液がおいしいのでしょう。アブラムシが発生する好条件だったのかもしれません。  手でとってつぶしにかかりましたが、他の枝や、株やにも発見したので、消毒剤を散布することにしました。 下の2枚の写真はブルーベリーの新鞘に取り付いたアブラムシです。 ブルーベリーアブラムシ513m.jpg  羽が生えたのがいるのはいったいなんでしょう。 こいつが飛んできて住みついたのでしょうか。 ブルーベリーアブラムシ513m2.jpg
      | | 病害虫 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:06 | - | - | - | - |










        一番上へ