prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< 明日葉の摘心1週間後 | main | さくらんぼが最盛期 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    明日葉の苗をメール便で送る方法
    0
       明日葉をはじめ、ポット苗を送るのは、普通は宅配便で送ることになります、 でも、土のついたポット苗を梱包するのは厄介ですし、それにも増して送料が馬鹿になりませ4ん。  宅配では3号ポット苗では最小サイズですと、3個しか入りませ。 苗の代金が500円で送料が1000円といったことが起こります。 これではちょっと買う気が起こらないですね。  で、メール便で送る方法を試みました。以下、「明日葉」で実験した方法とその結果です。 1. ポットから苗を抜きます。 明日葉ポットから抜く0501m.jpg 2. バケツの中で土を落とします。 ついで、流水で土を完全に洗い落とします。 明日葉ポットから抜く0501m2.jpg 3. キッチンタオルの上において、巻きつける  キッチンタオル葉つき0501m.jpg 上は、葉っぱをつけたままのもの。 下は、葉っぱをはさみで摘心した状態のもの キッチンタオル葉カット0501m.jpg 4. キッチンタオルをさらに重ねて巻きつける その上に、防水処理と乾燥防止のためにサランラップを巻きつけて完成です。 5. メール便用の封筒に入れて発送する  葉をカットしたのとしていないのとあわせて3株封筒に入れてみました。  実際に発送はしないで、封筒に入れた状態にして5日間待ちました。 5日後に開封して、取り出しました 中の明日葉はみずみずしていて、元気そうでした。早速6号のポットに植えつけました。 それから5日経過しましたが、枯れることなく、新鞘がわずかに覗いており、根付いているようです。 「明日葉」については、この方法でokなことがわかりました。 他の花木類もこの方法で送ることが出来るものがあるでしょう。 でも、実際に、実証する必要はありますね。
      | | 明日葉 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:25 | - | - | - | - |










        一番上へ