prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< 神山竹林桟敷のビデオ | main | ブルーベリーの植替え >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ひょうたんで楽器を作る
    0
       昨日の朝、8ch関西テレビで「となりの人間国宝さん」という番組で 「ひょうたんオーケストラプロジェクト21」を見ました。 ひょうたんを楽器にしたのを見るのは初めてでした。 ひょうたんの果肉を取り出すのに、穴を開けて水を入れて内部を腐敗させて どろどろになった果肉をと取り出すのですが、中の種子は腐敗せず、残ります。 小さい穴から種子を全て取り出すのは、小さいひょうたんではなかなか難しく、 種子を残して乾燥、仕上げます。 種子が残っているので、振ると、シャカシャカと音が出ます。 そのまま「マラカス」に使えるなーとは思っていたものですが、 その程度の理解しかなかったものですから、ちょっとカルチャーショックを受けました。 そのことを思い出して、今日ネットで詳しく調べて見ました。 TVでで紹介されたのは、 アートモール・スクール・プロジェクト 奥田扇久《栽培からはじめる音楽》プログラム  HOP金沢21「ひょうたん楽器コンサート」 でした。 詳しくは、下記サイトをご覧ください。 http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=29&d=839 いろいろ調べていると、、ひょうたんを楽器にすることは、日本以外でも世界でもかなりあるようだ。 で、さらに調べると、日本でも大々的にそれも本格的に活動している組織がありました。 「ひょうたんから生まれた本格派楽器たち」サイトは ここに本格的なひょうたんで作られた本格楽器があります。 http://www1.kcn.ne.jp/~omori/Hyophil/Inst-j.html そのトップページが下記サイトです。 http://www1.kcn.ne.jp/~omori/Hyophil/ これを参考にいつか、楽器を作ってみようと思っています。
      | | ひょうたん棚 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 22:03 | - | - | - | - |










        一番上へ