prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< 香川県鬼無植木盆栽センター | main | チョウマメの花から豆に >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ゴーヤ茶を作る
    0
       ゴーヤを今年は4株栽培しています。 独特の苦味があるので、調理方法が限られ、そう毎日食べられるものではありません。 沖縄の人は、このゴーヤをよく食べたり煎じたりするそうなんですが、 だから、暑いのに夏バテもしないし日本一長寿なのはそのためかもしれません。 いろいろ調べていると、「ゴーヤ茶」なるものを見つけました。 ゴーヤを乾燥させたものを煎じたもので、ゴーヤの苦味をを感じさせないぐらいに抑え、 美容やダイエットにも効果の高い健康茶とのことです。 効能についてはこちらのサイトが詳しい。 で、早速作ってみることにしました。 1. 3本のゴーヤを準備しました。まず最初に縦に真っ二つにします。 h221010ゴーヤm.jpg 2. 次に、内部の種と「わた」をスプーンでこ下げてとります。 h221010ゴーヤm21.jpg 3. 次に、種やわたを取り出した後のゴーヤを厚さ1,2mmに薄切りにします。きゅうりおろしでおろすと極薄のが簡単にできるでしょう。 h221010ゴーヤm2.jpg 4. 次に、新聞紙の上に広げて天日で乾燥させます。丸々2日かけて乾燥ささせますので、 天気のよい日が2,3にちは続く見通しがある日に、前の作業(薄切りにする)を選がなければなりません。 h221010ゴーヤm3.jpg 5. 2日以上天日干しをした後、フライパンで空焼きをします。 火力を弱火にして、焦がさないようにします。 全体にきつね色になれば火を止めます。 大き目の広口瓶か茶筒に入れて保管します。 h221010ゴーヤm5.jpg 6. ゴーヤ茶の入れ方は、日本茶と同じで「きゅうす」にゴーヤ茶を適当に入れて お湯を注ぎ、数分そのままにしておきます。日本茶よりもかなり長めがよいようです。 空焼きをしているので、こうばしい香りがして、かすかにゴーヤの味がするのですが、 けっこういけます。 このところ3本収穫できたらこのゴーヤ茶作り励んでいます。毎週のように・・・。 もちろん、煎じて飲むのは毎日のように・・・・。
      | | | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 19:35 | - | - | - | - |










        一番上へ