prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< 収穫したひょうたんのタイプ | main | 佐古農園のひょうたん >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ゴムの木の取り木
    0
       2週間ほど前に、ゴムの木の取り木をしました。 鉢栽培をしていたゴムの木ですが、下葉が少なくなり、 ひょろひょろっとして、格好が悪くなったので、 摘心を兼ねて取り木をすることにしたのです。 取り木の要領を以下に記述します。 1.摘心したい幹に2cmの幅で円周状カッターできりこみをいれ、  それをつなぐような形で縦に切り込みを入れます。(下の写真) ゴムの木取り木805m0.jpg 2.縦に入れた切り込み部に爪をたてて皮を剥ぎます。  白い樹液が出てきますので、水を掛けながら洗い落とします。 ゴムの木取り木805m1.jpg 3.水によく浸した水苔を軽く絞り、切り口部分に巻き付けます。 ゴムの木取り木805m2.jpg ゴムの木取り木805m3.jpg 4.ビニール袋を適当な大きさにに切り開き、それを水苔の上から巻き付けます。 ゴムの木取り木805m4.jpg 5.ビニールの上下を紐か、園芸用のバインド線で巻き付け固定します。 下側は水が漏れないぐらいにしっかりと、上側は時々ほどいて水やりをするので 軽く、ほどけやすいように縛ります。 ゴムの木取り木805m5.jpg ゴムの木取り木805m6.jpg 6.完了です。この取り木作業をして2週間になります。 毎日のように水やりをしています。4,5日に一度はビニールの上側の縛りを解いて 水苔に水を補給しています。今のところ元気で青々としています。 発根が見られるようになるまで、この状態を続けていきます。 1ヶ月以上は必要でしょう。発根したら、経過投稿することにします。
      | | 挿し木 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 09:59 | - | - | - | - |










        一番上へ