prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< 子持ちラン | main | サボテン 内裏玉開花 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ブドウとひょうたん棚を建設しました
    0
      ブドウの苗が順調に生育してきたし、ひょうたん・ヘチマ・ゴーヤの種まきが終わったので、 彼らの寝床?を建設することにしました。 前もって用意してきた竹材を使って作ることにしました。 10cmぐらいの孟宗竹は柱に、5cm前後の物は梁用に、2cm前後の竹は棚なの井形組みように使いまして。 柱と梁の接合は強度が必要なので普通の番線をつかいます。 強度があまり必要でない棚の井形部分の結束はビニール皮膜をしているカラー針金を使っています。値段が安いのとさびがでない(はず)し、柔らかく結束が楽なので、お勧めです。 番線での接合は強く締め上げても大丈夫ですが、カーラー針金は強度があまりないので、「シノ」で強く締め上げると、パチンとちぎれてしまいました。 適当な締め付け具合に加減することが必要です。 下の写真は柱と梁の部分です。 棚組m4.jpg 棚組の様子です。 包装用のひもを使って仮組し、全体のバランスを確認して、番線とシノを使って締め上げていきました。 棚組m3.jpg カラー針金で結束しています。 余分の針金は未だ切断していません。 棚組m.jpg 増設した棚の面積は4mx4m、16平方メートルでした。 町中の狭い土地に建設しているので、全景が撮影できませんでした。(32mmの広角では) 20mmぐらいが必要でしょう。
      | | ひょうたん棚 | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 11:49 | - | - | - | - |










        一番上へ