prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< ルスクス ヒポフィルムに新株が発生! | main | ブルーベリー苗の植え替え >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    諏訪神社のお神輿
    0
       佐古の諏訪山にある諏訪神社の大祭が11月4日、5日に行われました。 諏訪神社は徳島城を守る5社の一つとして建立されたそうですが、 その5社の中でもで随一とうたわれています。 諏訪神社本殿.jpg  下の写真は桜が満開ですが、平成14年3月27日に撮影したものです。 120段くらいの石段が踊り場なしで上っています。 休まずに一気にこの石段を登ることはかなりの体力が必要です。 山登りのように一段一段ゆっくりと踏みしめるように上らないといけません。 諏訪神社正面階段.jpg  30年以上前に「お諏訪さんの祭りじゃなー」と言う言葉を聞いたことがあります。 何のことかと聞くと、諏訪神社の本殿にお参りするには、 このきつい階段を上らなくてはいけないので、本殿まで上がって来る人は少なく、 たいていの人は階段下のお賽銭箱の前で、階段上の鳥居に向かって、 柏手を打ってお参りをするのです。  お祭りの時も、同じで、階段上の境内には屋台店がなく、 階段下の通りにたくさんの店が出て賑わいます。 そこから、上の方があまり賑わらなくて、下の方が賑わうことの意味だそうです。 たとえば、ズボンや上着はさっぱりよくないけれど、靴など履き物は立派なものを履いていることを、冷やかす言葉として言われる。と説明してくれました。 現在、そんな言葉を聞いたこともなく、ほとんど死語になっていますが、諏訪神社の特徴を表すおもしろい表現ですね。  昨日、諏訪神社のお神輿をひく仕事に参加しました。 諏訪神社のお神輿は徳島県最大の大きさだそうです。写真を下にアップしました。 諏訪神社御輿1105m.jpg  メインの仕事がお神輿の引き役ですから、カメラマンとは違いますので、一眼レフカメラは持っていないし、お神輿の蔵出し、蔵入れや飾り付けの様子、町内の練り歩きの様子など、 とりたいショットがたくさんあったのですが、撮ることができませんでした。  iphonを持っていたので、プロンプトの看板が背景になるところを何とか撮影しました。 そのうちの1枚だけをアップすることにします。 幅約3m、横4m、高さ4mほどあります。総重量は2トンあまりだそうです。  押す人、引く人、ハンドルを握る人合わせて10人近くが町内を練り歩きます。 「楽車(ダンジリ)」とは違いますので、お神輿が乗っていますし、 お神輿の中にはお神様がおいでます。 このお神輿を佐古町内一番町から五番町まで北佐古筋、国道192号、上佐古筋、本町筋、南佐古筋をそれぞれ往復しますので、4往復。距離にしておよそ8kmです。 諏訪神社範囲概要.jpg  蔵出しと準備に1時間。練り歩くこと7時間。 体力にはかなり自信があったのですが、さすがにクタクタになりました。 いつの日か、引き役でなく、カメラマン・記者として、 随伴して、詳しい写真と記事をまとめてみたいと思っています。
      | | 近隣の情報 | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 12:46 | - | - | - | - |










        一番上へ