prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< ひょうたん水を採取しました | main | 芝栗拾い >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    斑入りイチゴ
    0
       以前に、斑入りイチゴのことで記事を書いたことがありました。 そのときにはいろいろ調べた結果、マーブルストロベリーだと結論づけたのですが、 それがどうも違うようなのです。 花の色が黄色なのと、実がまん丸いのがその判断です。 多分、蛇イチゴではないかと思っています。 葉っぱに斑が入っているので、マーブルストロベリーと間違ってしまった原因のようです。 まだ、断定するのには自信がありません。 斑入りのマーブルストロベリーだと珍しく、熟れるのではと、増やそうと頑張りました。 蔓が伸びてくるので、普通のイチゴと同じように蔓を伸ばし、子株・孫株を育てました。 せっせと肥料もやり、大きくなったので、切り離してポットに植え付けたのですが、 ところが、一向に斑入りの葉っぱになってくれません。 何十ポットにも増やしたのに・・・・!。 でも、何十ものポットのうち2株だけ、元の親株の遺伝子を受け継いで斑が入った葉っぱが出てきたのです。うれしいいー!。 斑入り蛇イチゴ2-0926m.jpg 斑さえあればマーブルだろうが、蛇だろうがいいことにするよ〜。 さらに、いろいろ調べていると、斑が入った葉っぱは、(ストロベリーに限らず)遺伝的には突然変異なので、先祖帰り(元に戻る)する可能性があるとのこと。 肥料をやると元に戻る可能性が高くなるとかいている本がありました。 で、肥料は全くやらず、水だけで現在育てています。 ですから斑なしのものとは違って大きくならない!。 斑が消えては大変なので、これで増やそうと頑張っています。
      | | 観葉植物 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 22:17 | - | - | - | - |










        一番上へ