prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< ビワの摘蕾をしました | main | 双葉が開とポットに移植 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ひょうたんの種蒔き
    0
        さくらの便りが届き始め、今年もひょうたんの種蒔き時がやってきました。
      ひょうたんは、地温が25度にならないとが発芽しないようです。この温度になるのは5月頃になります。露地に直接蒔くとその頃になる訳です。

       そうすると、梅雨時に気温もあがり、水分もたっぷりで、すごい成長が見られますが、開花結実、まではいいのですが、実の熟成になると8月、9月になってしまい、大きく成長しにくいようで、収穫も遅くなりがちです。

       そこで、地温が上昇する5月までに路地に苗を植えられるまでに育てると1月早くなり、成長、開花・収穫もうまくいきます。と言う訳で3月中に種蒔き発芽させ苗を育てるのがいいのです。

      発芽用保温システム 

       発芽用保温システム全体の写真です。左側にあるのが温度コントローラーです。もともと30年ほど前に調光器として自作した物で,つまみを回して電力をコントロールします。



       右側にあるのが保温器です。プラスチックのトレーに電熱線(アンカに使用していた電熱線をむしり取ったもの)を敷きつめています。これをお菓子を入れていた金属の箱にセットし、電源コードを引き出しています。
      このコードの先端のプラグを先のコントローラのソケットに差し込んでいます。



      ひょうたんの種をトレーに蒔きました。
      温度は25度にセットしています。
      播種して数日で発芽が見られました。


       
      | mannenyama | ひょうたん | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 10:17 | - | - | - | - |










        一番上へ