prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< ひょうたん開花 | main | ブルーベリー終わりに近ずきました >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ブルーベリーの初収穫
    0
       2週間くらい前から毎朝の水やりの時に完熟していそうなものをつまんで1個2個食べていました。でも、収穫するというほどの量はとれていなかったのです。

      今年のブルーベリーの結実はさっぱりです。昨年の2,3割でしょうか。
      原因は、3月下旬にバカ陽気があって、ブルーベリーが一斉に開花したのです。

      でも、その時には昆虫たち、特にミツバチ君達はまだ活動していなくて、受粉作業がほとんど出来ていないのでした。人工授粉に精を出しましたが、出来ることはたかがしれていますので、
      やりやすいところだけになってしまいました。

      その後、冬に逆戻りが2,3週間続いたので、一気に無受粉の状態で散ってしまいました。
      暖かくなって、ミツバチ君がやってきたときには、ほとんど散ってしまっており、遅咲きの数少ない花を探してミツの収集をしてくれていたのですが、なにしろまばらの花しかないので、
      それがわかっているのでしょう。
      大勢を連れてきても、仲間を満足させることはできないのですから・・・。

      天候不順が主因でなく、開花とミツバチの活動時期のミスマッチが原因だと思っています。
      ですから、ブルーベリーだけでなく、昆虫の受粉作業が必要な果樹類はこのような状況ではないでしょうか。自家受粉化できるブラックベリーは大量に収穫できそうなことから以上の分析はあったっていると主おます。

      でも、とにかく少ないながら初収穫が出来ました。

      下の写真は事務所の入り口においてある40cm鉢で育てている5年生のブルーベリーです。
      鈴なりとはこんな状態でしょう。観察や手入れが最もやりやすい位置にあり、人工受粉をせっせと出来た結果でしょう。ちょっとなりすぎ感じがしますが、
      他の株がほとんだめなので、がんばってもらことにしまいした。

      鈴なりのブルーベリー

      第1回目の収穫がこれだけでした。ちょっとさびしい。

      初収穫ブルーベリー
      | mannenyama | ブルーベリー | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:31 | - | - | - | - |










        一番上へ