prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< ビワの実がこんなに | main | ヘビイチゴ酒 ーその2− >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ビワの実に袋かけ
    0
       ビワの実が黄色く色づいてきて、鳥に食べられるのが心配になりました。
      一般的に行われている袋掛けをしました。

      袋はホームセンターで調べてみたら、結構な値段でした。
      一袋が2桁も・・・・。これを何十枚を使うとビワの実が買える!。

      と言うわけで、新聞紙で作ることにしました。
      3度折り畳むとこうなります。



      もう一度折り畳み、ここでハサミで切断しました。



      長辺、短辺を2cmほど折り返します。



      折り返しのコーナーと各折り返しの中央付近をホチキスで留めます。
      これで、袋は完成です。



      これを実にかぶせて、元の方を絞ってホチキスで留めました。
      これでビワの実の袋かけ用袋の完成です。費用は無料。ホチキスの針が1袋に3個だけ。
      限りなく0円でした。

      新聞紙そのままなので、雨にうたれると、破けてしまう心配がありますが
      雨の振り方にもよるでしょうから、果たしてどうなるか、雨が降ってみないと分かりません。

      防水加工をするのも一案です。テンプラをしたあとの、廃油を塗るのも一案ですが、
      材料費がタダなので、雨が降って破けてしまたら、追加工事をすることにしましょう。




      | mannenyama | ビワ | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:11 | - | - | - | - |










        一番上へ