prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< 春の訪れ −開花情報− | main | タラの芽 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ビワの実の摘房(てきぼう)、摘蕾(てきらい)
    0
       ビワの実は自然にほっておくとクリスマスツリーのような形で、房状にいっぱいに花が咲き、
      実をつけます。当然に小さい実が鈴なりになり、種ばかり大きくて果肉がほとんどなくて、食べる気がしないので、商品にはなりません。

       そこで、花が咲く時期の前後に摘蕾(てきらい)、摘房(てきぼう)を行い、花の数を少なくします。花が咲き、実をつけたら、摘果を行います。
      大きく元気のよい実を残して、さらに少なくします。一つの枝に1,2がよいらしいのですが、
      数も欲しいので、その兼ね合いも・・・。

      下の写真は、3月2日、花が咲く前、蕾のときに、摘房(てきぼう)をした後です。
      する前は、上にも下にも房がいくつかありました。
      このあとで、元気のない蕾をとり摘蕾(てきらい)、半分以上に減らしました。



       下の写真は、3月25日に摘果したあと撮影したビワの実です。
      1cmあまりのラグビーボールのような形をしています。1房に3個を残していますが、
      様子を見て、1個減らそうと思います。


      | mannenyama | ビワ | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 15:51 | - | - | - | - |










        一番上へ