prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< 軽キャンパーのHFアンテナ | main | 7MHzでCW初QSO >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    オートアンテナチューナー
    0
       移動先でHF帯のアンテナを設置する支柱は出来上がったのですが、7MHzだけでなくオールバンドでも同じアンテナを使って電波を出したい物です。
      手動のアンテナチューナ(昔はアンテナカップラーといっていました)をホームで使ってみたのですが、バンドを変わるたびに同調を取り直さなければなりません。しかも7MHzの200KHzもあるバンドないでも調整しなければならないので、大変でした。

       で、オートアンテナチューナーを購入することにしました。移動先では8mの垂直アンテナで3.5MHz〜50MHz、ホームでは9mの垂直アンテナと25mぐらいのロングワイヤーを使い分けて、1.9MHz〜50MHzをカバーさせる予定です。
      iCOMのAH-4にしようか、東京ハイパワーのHC-200ATにするか迷ったのですが移動しないときはホームで使うことを考えて、HC-200ATにしました。



       ホームでいろいろ実験してみて、こんなことが分かりました。
      外部アンテナ端子が3個あり、2個が同軸コネクタ、1個が軍端子です。そのうちの同軸コネクタ1個と軍端子は回路図をみると並列に繋がっています。だから、この二つを別々のアンテナに同時につなげることはまずいことになります。

       もう一つの同軸コネクタはメインのコネクタで、電源(12V)の電源を入れていない時は、入力コネクタとつがります。いわゆる「スルー状態」になります。1/2波長のアンテナ(アンテナ自身が同調)を使う場合はスルーにすればいいのです。ただ電源をきるだけですが・・・・。

       デスクの上にIC7000置き、棚の上にHC-200ATを置き、1mぐらいの同軸ケーブルで接続しました。窓を開けてロングワイヤーを引き込みHC-200ATに接続しましたが、このように接続するとノイズレベルが上がってよくないのです。

       試しに、メインのコネクタに3mぐらいの同軸ケーブルを接続して、窓の外に出し、同軸ケーブルの外被をアースに接続、芯線をロングワイヤーに接続してみました。結果はすばらしく向上しました。ノイズは乗らなくなったし、オートチューニングも的確です。
      結局、HC-200ATに直接ロングワイヤーをつながず、同軸ケーブルを介して接続するのが、結果がよいようです。

      ノイズレベルの問題は、室内にノイズを発生する器具が存在しているのかも知れません。考えられるのはUPS(無停電電源装置)かも知れません。ノイズの全くないような場所へ移動して確認したいと思います。軽キャンパー無線局が出来上がったら確認出来るでしょうから、そのときにレポートします。



      | mannenyama | アマチュア無線 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 19:59 | - | - | - | - |










        一番上へ