prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
<< アンテナチューナー | main | オートアンテナチューナー >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    軽キャンパーのHFアンテナ
    0
       軽キャンピングカーにアンテナを張るための支柱を作りました。
      下の写真は支柱(ポール)を伸ばしきった状態です。
      取付基部より7.5m、地上高は8m近くあり、天を突くようにそびえています!。
      使用の際はこれにビニール線を巻き付けてHFアンテナにする計画です。



      全部を短縮収納すると、こんな感じになります。全長1.2mぐらいですので、走行には全く支障はありません。
      さすが、伸ばしきった状態では8m近くになりますから、走行は出来ません。ロケーションのいいところで、先端にビニール電線を取り付け、回転させながら伸ばしていきます。アンテナチューナーまで7.5mぐらいになる予定です。

       アースは、車のボデイをカウンターポイズとして利用するつもりですが、実際に使用するとどうなるかわかりませんので、アース用の鉄筋やビニール栓のカウンターポイズを使って実験してみようと思っています。





       上の円柱状の物体?は、一番先端のグラスが内部に入ってしまわないようにするストッパーです。もし中に全部入ってしまったら、車を逆さにして振ると出てきますが・・・・・?!。実用新案!品です。




      短縮して車に取付ている状態の写真です。



      上部の支持金具のクローズアップです。金具は、ホームセンターで買い求めました。
      パイプなどを固定するための各種経の金具があり、グラスロッドの外形に合うものを探しましたが、ピッタリの物がないので、ゴムのシートを巻いて差し込んでいます。



       最下部の支持金具付近のクローズアップです。貫通型でなくて、底がある金具です。
      ロッドの下部にプラスチックのベースがもともと差し込まれていたのですが、少し太かったので、金具にピッタシ合うようにやすりで削りました。

      支持金具は、4mmのタッピングビス4本で軽自動車のハッチドアに固定しています。
      ロッドを全て伸ばしきっても、ぐらつくこともなくしっかりしています。

      臨時にビニール線を巻き付けて、無線機に接続して7MHzを受信くしてみましたが、ノイズが多く、ノイズレベルより上の電波は限られます。町中ではあるのですが、ロングワイヤーでは、あまりノイズもなくよく聞こえるので、垂直型はノイズを拾いやすいのでしょうか。

      近く、吉野川川原に出かけて、ビニール線を巻き付けて、実験してみようと思っています。
      後で、気がついたのですが、アンテナチューナからの出力をの取り方、アースの取り方ですごく変わることを発見しました。ホームでの実験なので、ノイズのない場所で実験しなければ、はっきりしたことがわかりません。
      | mannenyama | アマチュア無線 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 17:29 | - | - | - | - |










        一番上へ