prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    段ボールコンポストの評価です
    0
       今日は、四種類のコンポスト最後の段ボールコンポストです。 下の写真は段ボールコンポストの素材です。 まずは段ボール。ピートモスと籾殻燻炭併せておよそ20Lですから、 内容量30L程度の段ボールがいいでしょうが、厳密に考える必要はありません。 酒屋さんでもらってきたお酒金陵6本が入るケースです。 約50Lの容量でちょっと大きすぎるのですが、とりあえず・・・。 段ボール箱m.jpg 次は、主材料のピートモスです。ホームセンターで買い求めました。698円でした。 段ボールコンポストピートモスm.jpg 籾殻燻炭です。籾殻を蒸し焼きにして自作しました。 作り方は以前にこのブログにアップしています。 が、現在お米の収穫期ですので,ホームセンターで籾殻燻炭が販売されています。 20Lで980円でした。ただちょっと真っ黒で加熱し過ぎかなと思いましたが・・。 籾殻くんたんm.jpg 上記、2点を段ボールに入れてかき混ぜます。それだけで完了。 あとは、生ゴミを投入するだけです。 段ボールコンポスト混合m.jpg それでは、この段ボールコンポストの評価をまとめてみましょう。 段ボールコンポストの評価  1設置場所     手軽にどこにでも 設置できるところは良い      5点  2初期費用     ピートモス15L購入代金   約700円      もみ殻くん炭7.5L購入代金 約500円            段ボール箱 その他 合計 1,500円程度       4点  3設置・移動の容易さ    両手で簡単に持ち運べる                 5点  4ゴミの種類    家庭用生ゴミに限る                    3点  5ランニングコスト    3ヶ月に一度ぐらい更新 月500円ぐらい        3点  6ゴミの投げ入れ    蓋を開け投げ込み、かき混ぜて、蓋を閉める      4点  7堆肥の取り出し    3ヶ月に一度段ボール内部を、ビニール袋に保管    5点  8堆肥になる期間    段ボール交換時に、まるごと堆肥になる         5点  9堆肥の特徴と総合評価    好気性の発酵ですので、新しい空気が必要で    空気を取り入れるために時々かき混ぜる必要があります。    生ゴミを投入する度に混合するのがよいでしょう。    匂いはほとんどしませんし、魚のアラなども1日で分解します。    発酵が終わったら、生ゴミの形はなくなり土?になります。    ビニール袋に入れて保管し、必要に応じて赤玉土などを    混ぜ込んでそのまま用土に使うことができる 。    9点                 合計 43点 / 50  今までの4コンポストの中で最高評価とします。 家庭用の生ゴミ処理を目的とするのには、文句なしお薦めです。 家庭の台所で発生する生ゴミは野菜くず、魚のアラ,果物のむき皮 スイカのかわ、食後の食べ残しなどすべてOKでした。  ビニール袋に入れて流し場においておくと夏場では一晩で悪臭を放つようになりますが, この段ボールコンポストは、生ゴミが発生次第に投入してかき混ぜるだけ、 一切嫌な匂いはしませんでした。  翌日には、ほとんど発酵・分解してくれています。 翌日、発酵熱で45度ぐらいなっています。水分が少ないと、 発酵がうまく行かないようで、水分補給をする必要があります。  逆に、スイカの皮を大量に投入するなど逆に多すぎるのもだめで、 この時は、ピートモスを追加して水分を吸収させて調整するとよいのです。 3ケ月間で水分補給をしたのが3度ほどで、月1程度です。 また、水分過多によるピートモスの補給は必要ありませんでした。 (スイカを大量に食べなかった!)
      | | コンポスト | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      堆肥コンポストの評価
      0
         三つ目のコンポストは「堆肥」コンポストです。 農家で一般的に利用されている方法です。農家では広い農地や果樹園の一角に 枯れ草や落ち葉、剪定した小枝などを積み上げて(野積み)自然に発酵させるのです。 手間がかからないし、大量に発生する廃棄野菜や雑草の処分などに便利です。 でも、野積みをするような場所もないので、枠を作り その枠のなかで積み上げる方法をとりました。 枠は、幅10cmの杉板を蓋なしの箱を釘で打ち付けて作りました。 これを10段くらい積み上げてコンポストとしています。 下はできあがり設置されたコンポストの写真です。 サイズは横90cm奥45cm高さ100cmです。材料の杉板を無駄なく使用できる最大の大きさです。 場所と費用を言わなければ、1m四方がほしいところです。 堆肥コンポスト.jpg 野積みと違って枠の大きさと堆肥になった腐葉土を取り出すための場所が 手前に50cmが必要でしたので1m四方を占有していますが、それ以上にはなりません。 以下、このコンポストの評価をまとめてみました。 堆肥コンポストの評価  1設置場所     コンクリートか露地、                   3点  2初期費用    大きさによるが コンクリブロック積で 5,000円    木造で  3,000円程度                 3点  3設置・移動の容易さ    一度設置すれば移動は不可              2点  4ゴミの種類    野菜や雑草、剪定小枝、葉っぱ、新聞紙、    動物の糞、土など何でも                  5点  5ランニングコスト    一度設置すれば不要                   菜種油、米ぬかを混でると良い             4点  6ゴミの投げ入れ    上に積み上げるだけ                    5点  7堆肥の取り出し     下部より熊手やスコップで掻き出す            4点  8堆肥になる期間    連続して生産できるが 3ヶ月以上            4点  9堆肥の特徴と総合評価    野菜、雑草、枯れ葉、小枝、紙、土、剪定廃材などが得意、    家庭用生ゴミはウジがわく、悪臭が出るなどして不得意。    定期的に(1ヶ月に一度程度)上下攪拌することが必要。    写真のシステムは上から積み上げ、下から取り出す。    完全発酵させれば乾燥させて、ビニール袋に保管出来る。    市販腐葉土は、システム施設としてこの方法で製造   7点             合計 37 / 50
        | | コンポスト | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ミミズコンポストの評価
        0
          今日はミミズコンポストの評価です。 ファーム万年山で制作・使用しているのは2x4材で自作しました。 下がその写真です。 ミミズコンポスト.jpg 以下にミミズコンポストの評価をまとめてみました。 ミミズコンポストの評価 (50点満点)  1設置場所     コンクリートか露地に                 3点  2初期費用    購入すれば10,000〜20,000円    自作すれば3,000円程度 +ミミズ         2点  3設置・移動の容易さ    一度設置すれば移動は困難             3点  4ゴミの種類    家庭用生ゴミのほか、新聞紙、草なども可     4点  5ランニングコスト    当初のミミズの購入費にとりあえず約1,000円程度    以後は徐々にふやしていくことに           5点  6ゴミの投げ入れ    蓋を開け投げ込み、蓋を閉める            5点  7堆肥の取り出し    下部のロープの隙間より熊手で掻き出す      5点  8堆肥になる期間    連続して生産できるので期間が特にない      5点  9堆肥の特徴と総合評価    ミミズの糞がそのまま優れた堆肥(コンポスト)になる。    乾燥させ、ビニール袋に保管出来る。    畑か庭の片隅に設置する必要がある。       8点                   合計 40点 / 50 一度設置し、ミミズが一定増えれば(2000匹程度)あとは簡単。 堆肥の性能?は優秀です。ミミズを育てるという心づもりが必要かな。
          | | コンポスト | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          コンポスト(EM生ゴミ処理容器)の評価
          0
             先に、コンポストの評価基準を作りました。 今回はこのく基準に沿い,EM生ゴミ処理容器の評価をしたいと思います。 なお、「コンポスト」とは腐葉土という意味ですから、 正確には腐葉土を作る器具なので、「コンポスター」というべきでしょうが、 難しく言わずに、分かればいいので,「コンポスト」で行きたいと思います。 外観は下の写真です。ホームセンターで売っています。価格は1500円から いろいろあります。 em.jpg 下の写真はemぼかしです。生ゴミを投入するたびに、これを一握りふりかけます。      ぼかしs.jpg では、これの評価は下記の通りになりました。 EN生ゴミ処理容器の評価  1設置場所     手軽にどこにでも 設置できるところは良い    5点  2初期費用    容器の購入代金と、emぼかし 約2,000円    4点  3設置・移動の容易さ    両手で簡単に持ち運べる              5点  4ゴミの種類    家庭用生ゴミに限る                 3点  5ランニングコスト  /月    特定EM菌の購入費用が約500円          3点  6ゴミの投げ入れ    蓋を開け投げ込み、菌を入れて、蓋を閉める   3点  7堆肥の取り出し    容器に一ぱいになったら1週間ぐらい放置し、    逆さにして取り出す。                 3点  8堆肥になる期間    容器に一杯になるまで    生ゴミの量によるが、一ヶ月ぐらい。        3点  9堆肥の特徴と総合評価 この項は 10点満点    密閉された容器内での嫌気性の発酵です。    ぬか漬けのような臭がするので、嫌な匂いではない。    発酵が終わっても、生ゴミの形は変わりませんので、    そのまま堆肥としは使えない。土に混ぜ込ん    で細菌に分解してもらうことが必要です。     6点                合計 35点 / 50 意外と良い評価ではありません。 総合評価で良い点が取れていないのが、原因でしょうか。 評価の高い設置場所・移動のしやすさなどの特徴を生かした利用をするのなら, 良いコンポストではないでしょうか。
            | | コンポスト | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            コンポストの評価基準をつくりました
            0
               現在利用しているコンポストは4種類あります。 3ケ月近く前に写真と共に投稿しました。 1.EMサポートR15 2.自作コンポスト 3.ミミズコンポスト 4.段ボールコンポスト の4つです。段ボールコンポストが一番たらしく、3ケ月の実績だけですが, 良い面と長所短所とも分かってきました。 そこで、上記のコンポストの得失を点数化してみようと思って コンポストの評価基準をつくってみました。 かなり考えたつもりですが,改良・追加・変更は今後していくつもりです。 近く、各コンポストの評価を掲載します。 コンポストの評価の基準と配点 -------------------------------- 1.設置場所  ?どこでも手軽に置ける ・・・5点  ?軒下やベランダに置く ・・・4点  ?風通しの良い日陰に置く ・・3点  ?土の上やコンクリの上に置く・2点  ?畑や庭など、土の上に置く・・1点 2.システム設置費用  ?1,000円以内  ・・・・・・・5点  ?3,000円以内  ・・・・・・・4点  ?5,000円以内  ・・・・・・・3点  ?10,000円以内 ・・・・・・・2点  ?10,000円以上 ・・・・・・・1点 3.システム構築の容易さ  ?大変簡単 ・・・・・・・・・5点  ?まあまあ環単 ・・・・・・・4点  ?少し面倒 ・・・・・・・・・3点  ?かなり面倒 ・・・・・・・・2点 4.ゴミの種類  ?動物の糞も可能 ・・・・・・5点  ?草や小枝も可能 ・・・・・・4点  ?落ち葉も可能 ・・・・・・・3点  ?紙類も可能 ・・・・・・・・2点  ?台所の生ゴミだけ ・・・・・2点 5.ランニングコスト (円/月)  ?0円   ・・・・・・・・・・5点  ?300円以下  ・・・・・・・・4点  ?500円以下  ・・・・・・・・3点  ?1,000円以下  ・・・・・・・2点  ?1,000円以上  ・・・・・・・1点 6.ゴミの入れ方  ?上に積み上げるだけ     5点  ?蓋を開けて入れ、蓋を閉まる 4点  ?菌を加えたり、混合する  ・3点   7.ゴミの取り出し・管理  ?そのまま袋つめする ・・・・・・・・5点  ?そのまま鉢や畑に使う ・・・・・・・4点  ?土に混ぜ込んで2次発酵させる必要 ・3点   8.堆肥になる期間  ?10日前後 ・・・・・・・・・5点  ?1ケ月前後 ・・・・・・・・4点  ?3ケ月前後 ・・・・・・・・3点  ?半年前後 ・・・・・・・・・2点 9.仕上がり堆肥の特徴  ?大変優秀・・・・・・・・・・5点  ?優秀 ・・・・・・・・・・4点  ?まあまあ ・・・・・・・・・3点 10.総合評価  ?設置場所を重視して  ?設置費用、ランニングコストを重視して  ?システム構築の容易さを重視して  ?ゴミの種類や環境を重視して  ?仕上がり堆肥の性能・効果を重視して
              | | コンポスト | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              段ボールコンポスト 第2機目
              0
                 以前に段ボールコンポストを作りました。既に3ケ月にもなります。 10日ほど前までは毎日のように生ゴミを投入して活用していました。 もう3ケ月にもなるので、肥料や培養土に利用しようと思い, 生ゴミの投入を中止して,乾燥させるためにかき混ぜ専門にしています。 で、第二機目の段ボールコンポスト用意しました。 第1機目は少し大きすぎて、半分が空間です。生ゴミを投入して行ったら かさがそれなりに増えるだろうと思って大きい段ボールを使ってみたのですが, 3ケ月たった今でもかさはほとんど増えません。これは不思議です。 空間がありすぎるので、温度も上がりにくいように思います。 第2機目は手近にあったモニターの外箱、少し小さめの段ボール使いました。 段ボールコンポストm0.jpg この段ボールに15Lのピートモス,7.5Lのもみがらくん炭を投入して混合しました。 段ボールコンポストm1.jpg 蓋をしてビール瓶ケースの上に置きました。 右にある段ボール箱が第1機目の段ボールコンポストです。 二つまとめて布カバーをかけて虫が寄り付かないようにしています。 そのせいか虫は全く寄り付きません。なくても良いようでもあります。 ハエが好きそうな変な匂いがしないのが原因ではないでしょうか。 段ボールコンポストm3.jpg
                | | コンポスト | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                コンポストの種類と特徴
                0
                   段ボールコンポストを作成して実証に入っていますが、まだ1週間にも経過せず その成果や評価は未だ出来ません。 今まで経験してきたコンポストを順次まとめていきたいと思います。 まずコンポストの定義ですが、 ウィキペディア(フリー百科事典)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%86%E8%82%A5 で  堆肥(たいひ)とは、有機物を微生物によって完全に分解した肥料のこと。有機資材(有機肥料)と同義で用いられる場合もあるが、有機資材が易分解性有機が未分解の有機物残渣も含むのに対し、堆肥は易分解性有機物を完全に分解したものを指す。コンポスト (compost) とも呼ばれる。一方、昔ながらの植物系残渣を自然に堆積発酵させたものが堆肥であり、強制的に急速に発酵させたものがコンポストであるとする意見もある。本項は堆肥、コンポストを同義として扱う。  また、一部では生ごみ堆肥化容器の生成物である堆肥(コンポスト)が転じて、生ごみ堆肥化容器をコンポストと呼ぶ としています。私もこの定義に従うことにします。  利用している(現在利用している)コンポストは以下の通りです。 1.EMサポートR15  一番始めには台所から出る生ゴミの処理用にと購入しました。購入して3年近くなります。 em.jpg 2.自作コンポスト  落ち葉や雑草、使い古した鉢土を堆肥に再生するために杉材を組み合わせて自作しました。  2年経過しました。 腐葉土製造箱m.jpg 3.ミミズコンポスト  2x4材を加工して自作しました。2年近くなりますが、釣具屋で釣りえさとして売っているミミズを5箱ほど(100匹ぐらいか)買って始めましたので、最近までほとんど機能していませんでした。  前記の落ち葉コンポストで見つけたミミズをせっせとこちらに移動したりして、かなり増えてきました。1000匹程度に増えてきたのではと思っています。もう少しです。 ミミズコンポストm.jpg 4.段ボールコンポスト  1週間前に自作したコンポストです。実績評価は全くありません。  かなり期待をしてはいます!。 段ボールコンポスト布カバーm.jpg  最後の4.を除いて(まだ評価は出来ない)それぞれ長所も欠点があります。 それぞれの特徴を生かした活用法が必要なようです。 このあたり、追々にまとめて行きたいと思っています。 、
                  | | コンポスト | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  段ボールコンポスト −その3−
                  0
                     籾殻くん炭が用意出来ましたので、段ボールコンポストの最終設定を行いました。 1.段ボールを準備する。   以前に投稿した段ボールです。 段ボール箱m.jpg 2.段ボールの中に籾殻くん炭 10Lをいれる。 3.段ボールの中にピートモス 20Lをいれる。   籾殻くん炭1:ピートモス2の割合です。 段ボールコンポストピートモスm2.jpg 4.ピートモスと籾殻くん炭を混合する。 段ボールコンポスト混合m.jpg 5.生ゴミを入れて混合する 段ボールコンポスト内部526m.jpg 6.段ボールのふたをする。 7.瓶ビール箱を台にして乗せる。 8.布をかぶせる。 段ボールコンポスト526m.jpg 9.生ゴミを追加しました。  生ゴミを追加してかき混ぜました。  以後追加をやめて下記混ぜだけを行い、毎日様子を見ることにします。  変化が出たら投稿することにします。
                    | | コンポスト | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    段ボールコンポスト −その2−
                    0
                       昨日に続いて「籾殻くん炭」を作った手順をアップすることにします。 まず「籾殻くん炭」を作るための道具と材料です。 道具はアルミの箱。これは2年前に廃棄物になっていたものを偶然入手出来た物です。 幅80cm奥行40cm高さ30cmあります。 籾殻くんたん容器m.jpg  これを使うと、町中の狭い空き地でも、倉庫の中でも迷惑がかからず安全に加工することが出来ます。 1.籾殻に着火させるための種火を作ります。 この容器の中で小枝や木ぎれを集めてたき火をします。 たき火と言ってもほんの少しです。ようするに。点火用の炭火を作るのが目的です。 田畑など広い敷地があるのでしたら、落ち葉や、藁などを燃やせば良いでしょうが。 籾殻くんたん種火作りm.jpg 2.種火が出来たら、その上に籾殻をかぶせます。 最初は着火を確認するために、少しだけかぶせます。 籾殻くんたん種火にかぶせるm.jpg 3.籾殻をかぶせてしばらく待つ 籾殻をかぶせて50分後の写真です。籾殻に確実に着火しているのがわかります。 籾殻くんたん種火にかぶせる50分後m.jpg 4.籾殻を残り全量をかぶせます。 もう消える心配がないので予定の残り全量の籾殻をかぶせます。 籾殻くんたん全量かぶせm.jpg 5.全体に焦げ目が回るのを待ちます。  焦げ目の進行が部分によって異なるので、焦げ目の強いところへ 焦げ目の未だないとこところの籾殻を手でつかみかぶせます。 こうして、全体的に焦げ目が行き渡るように調整するのです。 籾殻くんたん仕上がり直前m.jpg 6.頃合いをみて、水をかけ火を消します  水をかけて消すのは、焦げ目をつけた籾殻の山を崩すと冷却され、ほぼ消えてしまいます。 路地での大量の籾殻を焼くのではないので、こんな方法が可能なのだと思います。 安全のため、じょうろで水をかけて消します。ここまでに焼く6時間かかっています。 この段階を忘れて放っておくとくん炭でなく灰になってしまいますので、特に注意1。 7.これで籾殻くん炭の完成です 10L余りの「籾殻くん炭」ができあがりました。 籾殻くんたんm.jpg 次回はこの籾殻くん炭を使って段ボールコンポストの作る手順をアップします。
                      | | コンポスト | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      段ボールコンポスト
                      0
                         ネットを散策していて、興味のあるサイトに行き当たりました。 題して 「S夫人に聞く、ダンボールコンポストレシピ」です。 アドレスは こちら この記事を参考にして、追試験をすることにしました。 まず材料ですが、以下のように書かれています。 1.段ボール箱……40リットル程度のもの  これは下の写真のものを用意しました。酒の「金陵」の梱包段ボールで内容量およそ50Lです。 段ボールコンポスト段ボールm.jpg 2.箱の底と同じ大きさの段ボール……1枚  別の段ボールを底のサイズに合わせてカッターで2枚作り底に敷き詰めました。 強度を持たすために2重にしたところオリジナルと異なります。 段ボールコンポスト2重底.jpg 3.もみがらくん炭……7リットル  籾殻は土壌改良や堆肥要にと、普段利用しているので手持ちがありました。 1袋残っていたので、これを使って加工製造することにしました。 後日、加工製造手順をアップします。 4.ピートモス……15リットル  丁度切らしていたので、ホームセンターに買い出しに行きました。買ったピートモスは 下の写真のようで、20L要領です。 段ボールコンポストピートモスm.jpg 5.箱を覆う布……古Tシャツなどを縫い合わせる  家内に頼んで、ストックしていた端切れの布を恵んでもらいました。 6.布ガムテープ  これも、ホームセンターで仕込みました、 段ボールが乗るくらいの金網(バーベキュー用など)……1枚 レンガや角柱など、金網を載せるもの……適量  この二つは酒瓶をいれるプラスチックのケースを使うことで代用することにしました。 強度もあり大きさもぴったりでした。ビール便ケースでもいいでしょう。 7.園芸用スコップ  これはお手の物の道具で2,3個手持ちしています。 後日、籾殻くん炭の製造?と段ボールコンポストの仕上げをアップすることにします。
                        | | コンポスト | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                        一番上へ