prompt マスターのブログ

名の通り、有限会社プロンプトのマスターのブログです。
運営している「駆けつけネット」や「万年山市場」のサイトの下書き、私の日頃の活動などを投稿しています。
残り少なくなった人生を思い切り生きようと、軽のキャンピンカーを作り、30年余り休んでいたアマチュア無線を再開しました。これらの記事も頑張って投稿します。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    蜂に刺された〜ア!
    0
       一昨日にブウr−ベリーの水やりをしていたら、蜂が2,3匹飛び立ち、
      そのうちの1匹がふくらはぎに取り付き針を刺して飛んでいたのです。
      チカッとしたので刺されたことがわかりました。

       最初は「チカッ」とした痛みだったんですが、だんだん痛みが激しくなり、刺された部分を中心に晴れてきました。あわてて「ヘビイチゴ酒」を塗ってみました。ヘビイチゴ酒を作って初めての利用でした。
      ひんやりとした感触でなんだか効果がありそうな感じがしてきました。

       脱脂綿に染み込ませて、テープで抑えて治療終わり。
      痛みが少し和らいで、代わりに蜂にたいしての怒りがましてきます。刺された付近のブルーベリーを探すと、かなり大きな蜂の巣がありました。

       やっつけようと思案したのですが、ゴキブル退治の「ゴキジェット」があったので、これが効くかどうかわからないけどやってみることにしました。反撃を受けたらと、ビクビクしながら「ゴキジェット」を振りまきます。幸い、反撃を受けずにすみましたが、ゴキブリのようにはコロリとは死んでくれません。
      多少、動きがなくなったかなといったところです。

       夕方に見てみると、巣に何匹かの蜂が止まっています。やはり退治は出来なかっようでした。
      カメラを持って撮影することにしました。
      撮影がすめば、夕方にも巣を撤去するつもりです。
      巣が亡くなれば、蜂もどこか別のところへ行くでしょう。そのうちに、蜂退治用のスプレーを買いに行きます、




      | mannenyama | 病害虫 | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      明日葉に害虫発生
      0
          明日葉に害虫が発生!。
        葉っぱの表側のど真ん中で、つついても動こうともしないで堂々と鎮座していました。
        葉っぱの真ん中でいるのでたべた跡がはっきりしなく、被害の状況はふめいでした、
        ひとつの株に数匹みつかったので、明らかに害虫だと思いますが、名前も対策も不明です。
        とりあえず、見つけた奴は捕獲して殺処分です。



        明日葉の花を撮影しました。袋が開いて中から数百の小さい花が出てきます。
        袋がどんどん開いてどんどん花?が咲きます。
        これが全部種子になるののであれば、すごい繁殖力です。
        ひと株で万を超すでしょうから、咲き終わったら株全体が枯れてしまうのは納得できます。
        精も魂もつきはてるのでしょうネ。


        | mannenyama | 病害虫 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ブルーベリーに害虫発生
        0
           大雨が数日続いて、今日は久しぶりの天気。
          ブルーベリーの様子を見て回りました。水分はたっぷりとあったので、元気に生育しています。
          心配なのは、病気と虫害です。

           果たして、葉っぱに異常がある株(鉢)が見つかりました。きわめて少ないのですが、葉っぱの半分近くが茶色く枯れたようになっているのです。葉っぱの裏側を見てみましたが、特に異常は見つけられませんでした。

           異常のあるいくつかの株を見て回ったところ、見つかりました。その葉っぱを切除してカメラに納めました。下の写真は葉っぱの表側です。表側には斑点状の枯れた模様が見られますが虫は見受けられません。



          下が、葉っぱの裏側です。
          1mm前後の黄色い虫が密集して葉っぱを食しているようです。
          害虫の名前は「イラガ」でした。
          殺虫剤の持ち合わせがないので、異常のある葉っぱを切除して焼却することにしました。
          小さいので、1,2枚の葉っぱが被害あっているようです。
          明日にも殺虫剤を購入して噴霧しようと思っています。





          | mannenyama | 病害虫 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「台風一過」ブドウの葉っぱに不思議な害虫が
          0
             台風6号が去りと言っても、いつもの「台風一過」ではなくぐずついた雲り時々雨と言ったところでした。
             壊滅的な打撃とまではいかなかったけれど、かなりの被害がでました。

            1.ビニールハウスのビニールがズタズタになる。
            2.ひょうたんの葉っぱ、茎にかなりの被害を受け、早くして着果して大きくなりかけた実に被害を受け、摘果するはめに.
            3.ブルーベリーは、倒れそうな鉢は台風の前に横に倒していたので、特に被害はなく、私塾していたブルベーリーの果実が風で落下したぐらい。
            4.ブラックベリー、ブドウの木と果実は、特に被害は受けていなかった。

             見回っていると、ブドウの葉っぱに不思議な害虫が取り付いているのを発見しました。 下の写真でわかるとおり、葉っぱにミミズのようなものがいっぱい取り付いているのです。
            はじめ、糸かなんかがくっついているのかなと思ったのですが、 よく見るとそうではなく、あきらかにミミズ状の害虫らしいのです。

            他の枝や葉っぱを調べてみると、他にもいくつか発見しました。大変気持ち悪い生き物です。 発見できた葉っぱを切り取り、カメラに収めました。
            葉き散らかされているのはこの害虫が食べたのかは断定できません。

            と言うのは、この害虫がいない葉っぱにも食い散らかされているあとがたくさんあり、 以前にもなにものが食っているのか犯人が見つからなかったのです。
            2日ほど雨模様の天気だったので、「黒いミミズ」が這いずりまわるのには都合が良い天候だったのでしょうか?

             とにかく、名前も、具体的な被害の状況も、対策も全く不明の状況で、後学のために写真にだけ撮っておきました。
             ぶどうの害虫0720m.jpg

            クローズアップです
             
            ぶどうの害虫拡大0720m.jpg
            | | 病害虫 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ブルーベリーの葉っぱに異変が
            0
               ブルーベリーの葉っぱに茶色の大きな斑点が出ている葉っぱがありました。 あざやかな茶色で、しだいに広がっているような感じです。 ブルーベリー病気0702m.jpg ブルーベリー病気0702m2.jpg 消毒をするのがいいと思うのですが、芋の時点では病名がわからないので殺菌剤が何がよいのか特定ができないのです。
              | | 病害虫 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ブルーベリーに新たな害虫
              0
                 ブルーベリーの葉っぱが葉脈を残してきれいになくなっているのが見つかりりました。 下の写真。 ブルーベリー害虫0629m.jpg  害虫に食べられたのだろうと、葉の裏を探したのですが、何も見つからず、他のブルーベリーの株を丹念に探しましたら、見つかりました。 害虫のいる葉っぱを摘み取って記念写真。下の写真がそれです。 ブルーベリー害虫0629m2.jpg 身長は2,3mm、全身に毒を持ったヒゲを付けています。 きれいに一列に並んで、葉っぱを食べているようです。 スミチオンを該当株と付近を噴霧しました。 この害虫が、ブルーベリーだけでなく、サクランボの木、ブドウの木にも取り付くのを昨年確認しています。 追記:7月9日  害虫の名前がわかりました。「イラガ」です。刺されると2,3日痛みが残るそうです。 葉っぱの裏に集団でいるときに消毒すると割合簡単に退治できるでしょう。
                | | 病害虫 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                奇妙な害虫発見
                0
                   久しぶりに晴れ間がのぞきました。 ちょっとむしむししたのですが、これが梅雨なのでしょう。 今までが涼しすぎるぐらいでしたから、初めて梅雨らしい気候になった感じです。  栽培している植物たちの様子を見て回りました。 そしたら、奇妙な害虫が見つかりました。あわててマクロレンズをセットして撮影しました。  下の写真は「木いちご」の葉っぱに取り付いているのを撮影したものです。 一体、害虫なのかなんという名前なのかは全くわかりません。 下部に足らしいものが付いていて、葉っぱに取り付いています。しっかりと取り付いているのでなく、葉っぱの先でつついてもあまり動こうともしないのです。  赤い部分は尻尾なのでしょうか?。背中?に薄い膜のようなものが見えるのが何のかわかりません。頭や目や足がどこなのかもよくわからない虫です。動作が全くのろいくてまるで死んでいるようですが死んでもいないようです。ナマケモノのよう。 トゲの先に毒を持っていそうなので、触ることも控えました。 カメラに収めたあと、殺してしまおうかと思ったのですが、あまりに珍しいので、葉っぱごと採り、地面に置いてしばらく様子を見ることにしたのです。 ところが、1時間ほど別の仕事をして、気がついて見てみると、姿が見えません。辺りを探してみたのですが、全く見当たらないのです。 周りに何もないアスファルトの庭に置いていたので、動作ののろさから、すたこらと逃げ出すことはないと思うのですが、どこに行ったのかわかりません。ミステリーです? 害虫0621m.jpg  次は、ゴムの木の葉っぱに取り付いていたものです。これも毒々しい色と姿をしています。 目玉と、足があり、動作も割合に軽やかで、一派的な毛虫と同じです。色からして刺されるととても痛そうです。これも一匹だけで、周りを探してもいませんでした。 こちらは逃げるのも速いので、撮影後殺処分に。 害虫05621m3.jpg  最後は、ブルーベリーの葉っぱに取り付いていて、盛んに動き回っていました。 動作が素早いので、撮影に苦労しました。 テントウムシ、テントウムシダマシとも違うようです。名前も被害もわかりません。 少なくとも、葉っぱが食べられて証拠は見当たりませんでした。 害虫0621m4.jpg
                  | | 病害虫 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ブルーベリーに害虫
                  0
                     ブルーベリーの害虫が見つかりました。 その1  葉に取り付いていただけで、葉を食べている形勢はありません。ただ、とまっていただけなのかもしれませんが、念のため撮影しました。名前も被害の内容もわかりません。 濡れ衣だーといわれるかもしれないのですが・・・。 ブルーベリー害虫0618m.jpg その2  こちらは明らかに害虫です。「ハダニ」と思われます。形からすると2種類がいるようです。 若芽に取り付いて樹液を吸っていると思われます。 ずっと見て回りましたが、今のところひと株だけで、広がっていませんでした。 「スミチオン」を小型スプレーにいれ噴霧しました。 ブルーベリー害虫0618m2.jpg ブルーベリー害虫0618m4.jpg
                    | | 病害虫 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ナメクジ退治
                    0
                       ひょうたん、ヘチマ、ゴーヤの苗がネメクジに(多分)食べられ大打撃を被りました。 はじめのうちは、葉っぱを食べる何か害虫であろうと思って「スミチオン」を噴霧していたのでうが、一向に被害が収まらず、ますます拡大するのです。 犯人は見つからず、ただ薬害を噴霧するだけでした。 結局、半数以上の苗が壊滅状態になってしまいました。 ひょっとして、「スミチオン」が全く無力なのは、昼間は土の中に隠れて、夜間に行動する「ヤトウムシ」ではないかと疑ったのです。 「ヤトウムシ」は茎をくいちぎって倒してしまうなど被害状況が異なるので、こfレではないと思いました。  次に疑ったのは「ナメクジ」です。「ナメクジ」のことは、2009年5月5日に本ブログに「ナメクジ退治大作戦」と称して投稿していますが、この時は「イチゴ」の被害でした。 イチゴの熟れた実を食べられるので、その対策を記事にしたものですが、ナメクジが葉っぱを食べるとの認識はしていなかったのです。  で、ナメクジではないかと思ったときには取り返しがつかないほどの被害が出てしまったのです。 気がつくのが遅すぎました。 ほとんど被害を受けなかったのはたった1割ほど、先端を食べられてしまって、成長が止まってしまったのが、半数近く、4割近くが死滅してしまう大被害になってしまったのです。  ナメクジと判断して、「イチゴ」と同じ方法でナメクジ退治を行いました。 2009年5月5日の記事  ナメクジの誘引剤は「米ぬか」です。 1. 夕方に米ぬかを軽くひとつかみ、土に直接巻いてみました。 3時間後、まるまると肥えたナメクジが2匹集まりました。 (同日夜9時に撮影) ナメクジ0605m.jpg 2. ダンボールを小さく切って、その上に3本指で米ぬかをひとつかみ乗せました。 これを被害にあいそうな株の根元に置きました。3時間後2匹集まっています。 ナメクジ0605m2.jpg 3. 鉢受け皿に米ぬかを入れ、集まりそうな場所に置きました。 3時間後たくさん集まっています。 ナメクジ0605m3.jpg 1.の方法だと翌日水やりをしたら米ぬかは流れてしまい、その都度消耗しますが2.3の方法だと翌朝回収して、何回も使えます。集まり具合に違いはなさそうです。 撮影し終わって、ピンセットでナメクジをはさみ、空き缶に投入しあとで一括殺処分です。
                      | | 病害虫 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      葉っぱを丸く切り取るバラハキリバチ
                      0
                         ブルーベリーの葉っぱが丸く切り取られた記事を 5月13日に投稿しました。 切り取られたあとは下の写真のようになるのです。 ブルーベリー虫食い葉0513m.jpg ひどい葉っぱは、下のようになっていました ブルーベリー虫食い葉0513m2.jpg このようになったのは2,3日の内だと思います。特定の小枝に集中していることも特徴でした。 昨日、ネットで調べていて、この犯人が判明しました。 「バラハキリバチ」これが犯人なようです。 実際に見つけたわけではありませんが、ネットで画像を入手できましたので、下に掲載します。 バラハキリバチ.jpg  名前のとおり、バラの葉っぱが好きで、バラの葉っぱを切り取ることが多いのでこの名前がついたのでしょう。バラの木が何本かありましたので、よく調べてみると、丸く切り取られているのが見つかりましたが、ブルーベリーの葉っぱのようにひどくはありませんでした。  どうもバラよりブルーベリーの方が好きなようです。 ブルーベリーの株をさらに調べていると、少数ですが、ところどころに丸く切り取られた葉っぱを見つけました。  ネットで詳しく調べると、「バラハキリバチ」は切り取った葉っぱを丸くパイプ状にして、小さい穴の中に入れて、そこに卵を生んで育てるそうです。小さい穴は自分で穴を開けるのではなくて、土や岩、木、タケなどに空いた穴を活用するらしいのです。面白いし、賢いですね。  1,2分で丸く切り取って、足で抱えて目的の巣へ運ぶそうです。一度切り取った葉っぱは、 営巣に有効なものだとの判断が出来るので、他の枝や株に「浮気」をせずに安心して同じ葉っぱを切り取るのではないかと思います。  このような習性から、特別にバラやブルーベリーの生育に大きな害にはならず、ほっておいても支障はないということです。もちろん消毒や駆除をする必要もないでしょう。  一度、見つけて詳しい生体を観察して写真に取りたいものだと思っています。大いに興味がありますが、残念ながらまだ発見していません。撮影ができしだい掲載することにしましょう。 1,2分で去ってしまうらしいので、たまたま出会うのはむつかしいでしょうね。 切り取られた葉っぱに狙いを付けて、三脚を構えてじっと待つのがいいかもしれませんが、 NHKの番組製作じゃありませんから、そこまでする暇と元気はありません・・・。
                        | | 病害虫 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                        一番上へ